Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

busy day

急ぎのオーダーを朝一で郵送し、

写真 2017-05-11 12 41 51s

今日のノルマを巻き巻きし、

写真 2017-05-11 12 42 44s

洗濯掃除に、

さくらのお相手、

写真 2017-05-11 12 17 11s

昼食には課題のラーメンスープを作り、

写真 2017-05-11 18 23 36s

夕食は豚キムチ、

写真 2017-05-11 22 25 46sss

めんど臭くって、伸ばし伸ばしだった冬タイヤ→夏タイヤを、日付の変わりそうな今の時間にやっとこさ終了。

一番印象深かったのは、課題のラーメンスープではなく、自家製チャーシューの2度と作れない味でした。

あとは焼酎飲んで寝ます。」

どうでもいい、おっさんの1日でした(^o^)











スポンサーサイト
  1. 2017/05/11(木) 23:19:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Golden week holidays

ゴールデンウイーク、

いつもとそう変わらない日々でしたが、

楽しいひとときでした

IMG_5718 (1)

IMG_5565.jpg

IMG_5797.jpg

IMG_5281s.jpg

IMG_5659s.jpg

IMG_5634.jpg

IMG_5626.jpg

IMG_5608.jpg

IMG_5749.jpg

IMG_5619s.jpg

IMG_5627.jpg




  1. 2017/05/08(月) 00:02:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Trude

今日は?

Trude

P3176012s.jpg

オリジナルは、ほつれたソファーの赤い糸を使って冗談で巻かれたそうですが、その巻かれた場所、“トルード牧場”にちなんでトルードと名づけられたそうで、そもそもはウェットフライだったそうです。それがモンタナ・アイダホのタイヤーや、釣り人たちの手で改良され、今あるロイヤルトルードなどのドライフライとして生まれ変わったそうです。

写真のフライは、自分の好きな色で巻いていますが、もとはLime Trudeです。

ライムトルードのオリジナルは、リビングストンの有名フライショップの創始者ダンベイリーによるものですが、オリジナルのハックルはアダムスのようにグリズリーとブラウンを巻き、ウィングに白のカーフテイルを使っています。

オリジナルのモンタナの川での効果は言うまでもありませんが、私家バージョンのハックルとウイングをブラウンに変えたものも好んで使っています。
  1. 2017/03/16(木) 23:55:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久々

約1カ月ぶりの芝川。

朝まで降ってた雨がやんで、意外や晴れ間ものぞき汗ばむ陽気になりました。

先日、タックル1式ご購入いただいたH田さんの初釣行

2014-08-302ss.jpg

2014 ss

ライズしている魚がいるのも大事なんですが、居そうだなと思う所に流して反応することも大事。初めての釣行で釣れるってのも大事。

魚の付き場が分かったり、アプローチの仕方やフライの流し方を覚えるのにも、魚が適度にいることって大事ですね。

純粋に釣りを楽しめるというのももちろんなんですが、練習にももってこいの川だなアと改めて思いました。

IMG_0035ss.jpg

狙って掛けた満足の1匹ですね

1111111.jpg

アマゴも数回フライに出ましたが、ランディングはできませんでした。

2014-08-30ss.jpg

ほとんどがこのサイズ↑↓のニジでしたが、

3333.jpg

イブニングでは50~60cmの大物が次々かかりました。

写真はないのか?

はい、

1匹は針が折れてランディングできず・・・

1匹は岩の下にもぐってラインブレイク・・・

4444.jpg

流れの中の、ひれピンに回復したニジマスの引きは、すごいの一言でした(^^;)


  1. 2014/08/30(土) 23:07:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Crane Fly

どこの川でもそこそこ反応してくれるガガンボ

P5131315subs.jpg

サイズは#18~、時には#10位まで使います。

ボディはターキーバイオットのPMDカラーと、ストリップトピーコックのやや濃いめの色の2種類。

ウィングはハックルティップ。ルースター、ヘン両方使います。

レッグはCDCをパラリと取り付け。

こんなフライですので、浮力は期待できませんから、ロングシャンクのフックに巻いて、重量を減らし、大きさを稼ぐようにしてます。大きなサイズになるほど、ファインワイヤのロングシャンクがいいですね。

あとはフロータントに頼ります。 

frogs_fannys.jpgcfa_112.jpg

この2つのおかげで、こんなフライも浮いちゃうんですね。



  1. 2014/07/02(水) 13:59:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
previous

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR