Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

特に、なにも・・・

特に何も変わったことはないのですが・・・

さくらは2歳になりました。

P1205418s.jpg

P1015107s.jpg

くまのプーさんが、大変なことに・・・

P1015125s.jpg

最終的にはまくらになってます。

今日はゴキブリを発見してくれました。

じーっと何かを見つめてる時は、たいがい虫がいるようです。

DSC_0375s.jpg

P5168031s.jpg

川では今、カワゲラのハッチが最盛期。

先週から毎日、夕方の2時間ほど近所の川を歩いていますが、なかなか釣れませんねェ(^^;)

何度か反応はあるんですが、フッキングできなかったり、途中でバレたり・・・

P4188976.jpg

そろそろ魚の写真を載せないと、フライのブログなのにねェ・・・(笑)








スポンサーサイト
  1. 2012/05/17(木) 03:45:37|
  2. bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Rainy Day

よく降ります。

昨日も今日も雨。

昨日、窓から外を眺めていると、窓枠に数匹のカゲロウがとまっているのに気がつきました。

P6011621sub2.jpg

アカマダラのオスと、もう1匹は何マダラかわかりませんがメスですね。

2匹ともまだダンの状態です。

P6011637sub.jpg

P6011622sub.jpg

雨が小降りになったので、ちょっと外へ。

何かが目の前を横切って、地面に落ちました。

P6011649sub.jpg

ヒゲナガです。

昨日から、いつもの川のすぐ近くで仕事してます。

アカマダラだの、ヒゲナガだの見ると、忍野に行きたくなるなぁ。

P6021664sub2.jpg

昨日帰り際にメスのカゲロウの亜成虫を窓の内側に入れておきました。

今朝見てみると、成虫へと脱皮する最中でした。

川は、素晴らしい教材の宝庫です。

P6021667sub.jpg








  1. 2011/06/02(木) 15:48:16|
  2. bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

そーいや・・・

撮ってた、ストマック・サンプルです。参考になれば幸いです。

コピー ~ R0010722

コピー ~ R0010727

コピー ~ R0010730


トレイに方眼紙を置いとかんと、サイズがさっぱり判りませんな・・・ ま、でも、かなりちいさかです。
  1. 2008/04/03(木) 02:26:05|
  2. bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コカゲロウ

私の寝床の網戸には、夕方になるとコカゲロウのスピナーがよくとまっています。

DSCF4093.jpg

近くに小川(たぶん湧き水の川)があるからだと思いますが、結構な数です。

DSCF4097.jpg

日が傾きだして、この虫たちを見ると釣りに行きたくてうずうずします。 特にスプリング・クリークに・・・

20070703203300.jpg

エアフロの新しい(と言っても去年出たやつですよね)ラインをもらったので試しに使ってみます。 

リッジ・ラインの方は“プレゼンテーション・テーパー”なんて書いてあるので、スプリング・クリークなんかによさそうですね。 今度デピューズで試してみます。 

正直なところ、私に違いが判るかどうかは怪しいもんですので、あまり突っ込まないでください(笑)
  1. 2007/07/04(水) 11:46:32|
  2. bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メイフライ2

前回に引き続きメイフライのご紹介。 今回は夏だけでなく秋まで範囲を広げました。

3000m級の山々を源としているMountain Streamといった様相の川が多いモンタナ(Montanaという名前も‘山’と言う意味です)ですので、速い流れに住むヒラタカゲロウもとても多く見られます。

Pink Lady

これは7月12日、ボルダー・リバー。 この時期でしたら昼過ぎ頃からスピナーを見かけるようになります。 日暮れ間近には、早瀬の下のプールでカディスと入り乱れてスーパー・ライズになることも少なくありません。 スピナー・パターンに飽きられたら(もしくは飽きたら)表層付近にウェット・フライを流してみるのも良いです。

20070606143836.jpg

つぎにPMD。中小型のマダラカゲロウの総称ですので、大概PMDって言っておけば当てはまってしまうくらい絶対数の多い代表格のカゲロウです。

PMD

#14~#18くらいのカゲロウが多い中、夏にハッチする小型のカゲロウとして‘トライコ’がいます。 大まかに言って、早い時期には午前中にスピナーフォールがあります。 8月の終わりごろだと朝はダン、夕方はスピナーといった感じです。

Trico -female(dun)

8月29日、イエローストーン・リバー下流部です。 オスは真っ黒ですが、メスの腹部は鮮やかな緑色をしています。 上の写真のトライコは#26くらいですが、大体#20、#22くらいのサイズが多いので、コカゲロウのパターンを流用することも出来ます。

Trico -male(spinner)

上の写真は7月24日、ミレズニック・ランチ内のイースト・ギャラティン・リバーです。 スピナーフォールは、オスが先でメスが後になりますが、メスのスピナーが流れ出すとメスのパターンの方が反応が良いことが多いです。

Baetis1

コカゲロウもPMDと並んで初夏から秋までハッチの続く代表的なメイフライです。 8月にはさすがに暑くなりますのでハッチ量は減りますが、曇りや雨の日に水温の低い川を選んで行くと、コカゲの釣りを楽しめる場合も少なくありません。 7月10、デピューズ。 デピューズのようなスプリング・クリークでは、ほぼ1年中ハッチしています。 特に秋から春の寒い時期が楽しいですよ。

Baetis2

オスのスピナー。9月21日、ボルダー・リバー。

Baetis

これはフタバコカゲロウでしょうね。 9月21日、ボルダー・リバー。

Gray Drake

こちらはフタオカゲロウの仲間で、グレイ・ドレイク。 大きさはグリーン・ドレイクとほぼ同じですが、同じ‘ドレイク’と呼ばれていても別の種類です。 ちなみにブラウン・ドレイクはモンカゲです。 7月6日、ヘンリーズ・フォーク。

Mahogany

これは、トビイロカゲロウの仲間。 マホガニーと呼ばれています。 下の写真はそのシャック。 10月9日、ボルダー・リバー。

Mahogany -shuck

ざっと簡単に書いてきましたが、写真から想像を膨らませてタイイングするのも楽しいと思います。 役に立つか判りませんが・・・

こうやって見てくると、日本とほとんど変わらない虫がいるってわかりますよね。 つまり日本で使っているフライをそのまま持ってきて楽しめるって言うことですね。 モンタナは初心者からベテランまで楽しめるところですので、もっと多くの人が気軽に訪れてくれるといいなって思います。
  1. 2007/06/06(水) 07:21:47|
  2. bugs
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR