Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

メイフライ

英語だとなんとなく良い響きになりますが、所詮は虫。 虫嫌いの人には恐怖映画なみの写真が続きますので、見ないほうがいいかも?。

明日から6月。 てなわけで、6,7月のモンタナあたりの虫について数回に分けて書いていきます。 今年釣行計画されている方の参考になれば幸いです。
キャリベイティス・スピナー


キャリベイティス・ダン

上の写真2枚はキャリベイティス。 キャリベイティスって言うくらいなので、ベイティス=コカゲロウの仲間。 でもサイズは#16~#14くらいある中型のメイフライです。 夏のスプリングクリークでは外せない虫です。 ほとんど流れのない場所を好むので、湖なんかでも重要視されます。 ちなみに場所は、私の住んでいるトレーラー・ハウスの網戸です。 (7月2日)
スプリング・クリークでは、川の真ん中辺りでライズしている魚はPMDを、岸際でライズしている魚はこのキャリベイティスを食べているなんて事がよくあります。 目に見えるのは圧倒的にPMDが多いので見落としがちですが、PMDを投げても反応しないときにはキャリベイティスのパターンを投げるとあっさり食ってしまいますよ。 

プレデター

へブゲン・レイクでキャリベイティスを貪り食うイトトンボ。 (7月20日)

6月から7月にかけては、いろんな虫がハッチしていてドライフライ好きにはたまらない季節です。 ヘンリーズ・フォークの記事によく出てくる“フラビリニア”という中型のメイフライや、“グリーン・ドレイク(正確にはウエスタン・グリーン・ドレイク)”なんかもこの時期の虫です。

フラブ

これがフラビリニアです。 場所はヘンリーズ・フォーク。 (7月6日) 下のグリーン・ドレイクと見比べると同じような感じですが、サイズが少し小さい(#16)ので、スモール・グリーン・ドレイクとも呼ばれています。 両方とも“Drunella”に属するので、トゲマダラ属でしょうか?。

グリーン・ドレイク

こちらがグリーンドレイクです。 サイズは大体#12~10位。 場所はマディソンリバーの$3橋付近。 (7月19日) 

グリーン・ドレイク

これはスルークリーク、9月1日です。 9月の初めというとまだ暑いことも多いのですが、日によって標高の高い場所では雪が降ることもあります。 そんな少し涼しい日には9初旬とはいえ、いいハッチがあります。 6月のドレイクのハッチを逃してしまったら、9月の終わりごろから10月頭にかけてをお勧めします。 実のところ、一番良い時期かも知れません。

他に、エピオラス(ヒラタカゲロウ)、PMD、トライコ、ベイティス(コカゲロウ)などが、主にこの時期のカゲロウです。 これらについては次回。
スポンサーサイト
  1. 2007/05/31(木) 11:37:13|
  2. fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Duck,Duck!

ダッククイルを使ったフライって結構ありますよね。 スタンダードのドライ・フライのウィング、ウェット・フライのウィングなどなど。

持っていて損はないダッククイル。 しかし巻けば巻くほど損をしたような気になるフライが・・・ ノー・ハックル・ダンです。

ウィングとテールとボディだけ。 簡素なのに、簡単じゃない。 そんなフライの代表ですね、こいつは。

ン~? まだまだ・・・

 綺麗なクイルを手に入れると、ついついシルバー・サルタンなどのウェットフライを巻きたくなってしまうんですが、これはたぶんノー・ハックル・ダンを巻くと失敗するのが目に見えているから・・・  なるべく左右対称で綺麗なクイルを使うようにしていますが、それでも納得のいくものはほとんど巻けませんねェ。

バック・ビュウ~

そんな得意ではないフライについて書くのもおこがましいので、2、3気付いたことを少しだけ。

ウィングの幅はちょっと広すぎるかな~ってくらい。 長さはちょっと短いかな~ってくらいにしてみましょう。 それだけでなんとなく‘らしい’ノー・ハックルになるはずです。 出来上がりのバランスの目安は、ウィングの面積でフックが隠れるくらい。 #14くらいの大きさで練習してバランスを覚えるといいと思います。 

ウイングの形は、これはいくら文章で書いても伝えられないと思いますし、練習あるのみですね(おいおい、そりゃ無責任ね・・・)。

取り付け前にある程度クイルの形を調整しておくといいと思います。 私の場合、写真1の形を、写真2の状態にしてから取り付けています。

写真1

写真2

ウイングの前側のラインはやや前傾気味にしてやるとこれまた‘らしく'なります。 スレッドだけであまりきちきちに締め込まないで、最終的にダビングでボディを作る行程でスレッド・テンションを調整しながらやるとうまくいくでしょう。

クイル・ウィングのフライすべてに言える事ですが、一番大事なのは、いいマテリアルを手に入れること、そして予算の許す限りたくさん手に入れることです。 大体1パックに3~5ペア位入っていますが、できる限り多くの羽根からマッチしたペアをとる方が、失敗も少なく効率良く使えますので経済的です。 買い過ぎってことは無いと思います。 最初に書いたとおり、使い道の多いマテリアルですしね(笑) 




  1. 2007/05/27(日) 19:21:41|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

つくづく・・・

奥が深いもんですね、フライタイイングは・・・

綺麗に巻こう、丈夫に巻こうといつも心がけていますが、時々どうあがいてもかなわない、って思うようなフライに出会います。 雰囲気というか、何と言うか・・・

まいった!


お世辞にもうまいとは言えないかも知れませんが、存在感があってなんとなくいいと思いません?

この超ショート・シャンクに巻かれたアダムスなんか、「フッキングが悪そうだぁ?そんなこたぁどうでもいいじゃねェかぁ!」って言ってるようにも見えます^^。

真ん中のフライのなんともいえないダビングのファジーさ。 フックはダウン・アイのリバースト・ベンド、たぶんE4A。 

掃除をすると、いろんな物が出てくる我が家。 このフライたちは、古いフライボックスを買ったときに入ってたものだったと思いますが、これを巻いた人は腕の立つ釣り人だったんだろうなぁ、って思います。

綺麗に巻くのは数巻けば誰にでも出来ることだと思いますが、フライを見てそれを巻いた人の釣りをしている姿まで思い浮かぶようなモノってそうそう巻けるもんじゃないですよね。“数を巻く暇が無いほど釣りしまくってた”って人のフライにそういうのが多い気がします。(もっと釣りに行かなあかん、っちゅうことですね) 

15年ほど前にロンドンで買ったパターンブックのフライもこんな感じでした。 あの頃は、まだペルメルにハーディのショップがあって、3時間近く居座った思い出があります。 フライも買っときゃ良かったと今になって悔やんでいます。

今になって楽しめる本


ランズ・パティキュラ


ウィッカムズ・ファンシー

まねしても巻けるもんじゃないですが、20年後には自然と“なんとなくいい感じ”のモノを巻ける様になってることを祈って、今日も精進いたします。
  1. 2007/05/26(土) 09:29:45|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オジーがつなぐフライタイイング?

先程、知り合いとオジー・オズボーン(本日新譜発売!)談義に花が咲いて、Bark at The Moon!とか言ってたので、‘月に吠える’つながりで、Royal Wulffなんぞ巻いてみました。(ウルフ違い^^;)

これからの渓流でテレストリアルとして威力を発揮する優れものです。 私の尊敬するバンブーロッドビルダーの吉田幸弘さんも夏はこれだけあればよい!といって、去年5ダースほどまとめて注文をくれました。

ロイヤルな奴ら


ウィングにはカーフ・テイル、テイルにはムースを使っています。 通常ウィングのカーフ・テイルは極力少なめを心がけています。 ただマディソン・リバーなどの激流で使うヤツにはバランスが悪くならない程度に多めにつけています。 ハックルの多い少ないもあわせていろいろ持ってたほうがいいと思っています。

テイル部分

ウルフパターンにはムースのテールを使うことが多いのですが、いちいちスタッカーでそろえるのは面倒ですので、こんな方法をとっています。
 
バーサ・テイルみたいなモンですね

タイイング前に、スタッカーでそろえたこんな束をいくつか作っておきます。 先がそろった状態で束ねられるのは、大体直径で5~7mmくらいです。 結構便利ですよ。 ウィングのカーフテイルも同様の方法が使えますが、よほど毛足が長くないと扱いづらいですし、癖のきつい物はかえって面倒になります。 それに1つの束から数本しか巻けない場合がほとんどなので、これに関してはその都度スタックしています。

ピーコック部分はハールもソードも使っています。 2番目の写真のフライにはソードを使っています。

ボディの補強には、モノスレッドのオレンジを使っています。 ぜんぜん目立たないでしょ?

近々これをもって養沢にでも行ってみようと思っています。
  1. 2007/05/23(水) 22:14:59|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

またまた忍野

またもや忍野です。

相変わらず朝はまだ寒かったのですが、日中は汗をかくほどの陽気。 空気が澄んでいたので、今年1番と言ってもよいくらいの富士山を見られました。

絶景!


肝心の釣りの方はというと、朝は#18のスピナーでなんとか数匹。  

小ぶりながら、いいファイトをしてくれました。

日中は結構シビアな魚も多く苦戦しました。 カディスを投げるととりあえず反応するものの、決め手にかける状態でした。

なんとかメイフライのハッチをものにしたいと思いつつも、なかなか難しいですね。 

メザシか?

昼間はこんなヤマメしか相手にしてくれませんでしたが、夕方の30分は大粒の雨のようなライズの嵐でした。

おそらくクシゲマダラのハッチとのことでしたが、クシゲって#20くらいでしょ? そんなのイブニングで私には見えません。 そこで#16の白っぽいスピナーを使い、視認性重視。 先日ヒメヒラタのハッチも良かったので、これでいけると思ってやってみましたが、30分間に12匹ほど出て、7匹ランディング。 まずまず成功ではないでしょうか? 他にラスティ・スピナーや、#18のオリーブ・スピナーなども使いましたが、出てもフッキング出来ませんでした。

ピンク・レディ

モンタナでピンク・レディのハッチに使っているフライです。
Hook:#16(マスタッドR50、TMC100など)
Thread:TMC16/0(ライト・ケイヒル)
Rib:TMCモノ・スレッド(バター・イエロー)*カウンター・ラップ
Tail:ハックル・ファイバー(白、またはコック・デ・レオン)
Abdomen:グース・バイオット(タン、またはヘンドリクソン)
Thorax:スーパー・ファイン・ダブ(タン)
Wing:白のCDC

#18オリーブ・スピナー

Hook:#18(マスタッドR50、TMC100など)
Thread:TMC16/0(ダーク・ブラウン)
Rib:TMCモノ・スレッド(バター・イエロー)*カウンター・ラップ
Tail:ハックル・ファイバー(ダン、またはコック・デ・レオン)
Abdomen:グース・バイオット(オリーブ)
Thorax:スーパー・ファイン・ダブ(オリーブ、またはマホガ二ー)
Wing:ナチュラルCDC

オリーブ・スピナーPart2

バリバスの4Xファインフックに小さめに巻いているので、実際のサイズは#20です。
Hook:#18(バリバス2110)
Thread:TMC16/0(ダーク・ブラウン)
Rib:TMCモノ・スレッド(バター・イエロー)*カウンター・ラップ
 補強のために巻いているだけですので、水性のヘッド・セメントを使うと、より細く作れて◎。
Tail:ハックル・ファイバー(ダン、またはコック・デ・レオン)
Abdomen:グース・バイオット(オリーブ)
Thorax:スーパー・ファイン・ダブ(オリーブ、またはマホガ二ー)
Wing:ナチュラルCDC

CDCのウィングをつける際の方法について少々。

浮力を稼ごうと多くつけてしまいがちなCDCですが、少ないに越した事はありません。

CDC自体に浮力があるわけではないので、取り付け方を工夫します。 極力少ないファイバーで水面をとらえるようにするには、根元付近のファイバーを主に使うと良いです。

根元付近のファイバーはCDCフェザーのクオリティによってまちまちですが、ファイバー自体がしっかりしていて、フリューが多いものを選びます。 ファイバーの長さも十分にありますので、これを二つ折りに使います。 下の写真のようなフェザーがいいでしょう。

こんなフェザーが◎


これくらいむしります

上の写真のフェザーならこれくらいむしりとります。

フックに巻きとめます

フックに巻きとめます。 アイ方向に出ているファイバーをメインに使いますので、こちらの長さが実際のウィングの長さと同じくらいになるように留めます。 この時点で短すぎるファイバーは抜けてしまいますので、それを見越した量をむしってください。

折り返したところ

後ろに出ているファイバーを前に折り返します。 切り取ってしまってもいいのですが、こうすることで、ある程度ファイバーが抜けるのを防げます。

左右に分けます

後はこれを左右均等に分け、ソラックスをダビング材で作ります。 CDCが多すぎると思ったら、根元付近を少し残して切り取ります。 根元付近を残せばウィング自体の形状をキープしやすくなりますし、フロータントのつきがよくて浮力も稼げます。

ウィングを綺麗に切りそろえる必要は無く、長すぎるファイバーだけトリムして完成です。 

CDCのティップ部分をそろえて左右に分ける方法が見栄えがよくて、お客さんうけもいいのですが、こっちの方がパフォーマンスは上です。 浮いている時間が違うと実感出来ます。
  1. 2007/05/21(月) 19:04:56|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

いつもの忍野

約1ヶ月ぶりに忍野に行ってきました。 久々の単独釣行です。 いわゆる抜け駆けってヤツですな。

いつ見てもいいですね

富士山にはまだまだ雪が残ってはいるものの、木々はもう初夏の装い。 でも朝の気温は4℃しかありませんでした。

朝の4時過ぎから釣り始めましたが、1ヶ月もご無沙汰だと虫のハッチも魚の出具合もちょっとずつ変わってきてます。 どうなることかという不安も吹き飛ぶ本日1匹目。 ひれのきれいなレインボーです。

朝一で、光量足りず。 ややピンボケ

今日は下見に来ただけなので、そんなガツガツせずにゆったりと楽しもうと思います。 とは言うものの・・・ あー、誰かがツッコミいれるのが聞こえてくるゥ。 そうです、1時間の昼寝をしただけで、今日も夜の7時過ぎまで竿振りっぱなしでした・・・

次回はお客さんを案内するので・・・、使うフライなどの下調べも兼ねてますので・・・、いや、釣が好きなだけです・・・

とりあえず下流から上流まで一通り釣ってみましたが、解禁から2ヶ月も過ぎると魚もちょっと大きくなってきてるようです。 特にヤマメは結構いいサイズがつれますし、この魚より明らかに大きいヤツも多数確認できました。 
 
腹パンパン

主にライズしている魚を狙いましたが、使うフライもだいぶ変わってきてます。ヤマメに関しては、ただフライサイズを落とせばいいってモンでもないみたいです。 今日は#18くらいのCDCスピナーが活躍しました。 もちろん場所によっては#30のフローティングピューパじゃないと、ってところもありましたが・・・(あくまで個人的な感想です)

お昼ごろにはライズもハッチもまばらになってきました。 こんなときにはテレストリアルがいいですね。 富士急前の最下流部に陣取って浮かべておくだけ。 フライはもちろんピンクプーキー。 冬の間は管釣りフライなどと言われて肩身の狭い思いをしていましたが(もちろん、管釣りで大活躍したって聞くとそれはそれで嬉いっすよ)、一般渓流でも良くつれるんですよ、ホント。 もともとイエローストーンの野生鱒のためにデザインしたんですから。 まっ、忍野もイエローストーンもある意味管釣りですけどね。

放流魚じゃないですよ!!

忍野で生まれたであろうこのブラウンも思わずパクッ!っちなもんです。

イブニングは富士急前。 いつもは人がいっぱいなので遠慮してた所ですが、今日は思う存分出来ました。 薄暗くなってからはヒゲナガよりもヒメヒラタ?の方が多くハッチしていました。 小型のカディスなんかも飛んでますし、ヒラタよりも一回り小さいカゲロウも飛んでます。 10匹近く釣れるには釣れたんですが、結局どのフライが良かったのかはっきりしないまま、とりあえず最後の1匹はヒゲナガでしめることが出来ました。 ちょっと消化不良気味のイブニング。

次に課題が残るっちゅうのも‘いつもの’忍野ですね。
  1. 2007/05/17(木) 01:25:54|
  2. fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

養沢

養沢毛鉤専用釣場に行ってきました。 近くの秋川には行ったことがあったのですが、ここは初めて。 

いわゆる管理釣り場ですが、自然渓流ですので気持ちよく釣りをすることが出来ました。

すでに初夏の装い


歴史のあるところなんですよ

規模は小さいですが、こういう山奥の渓流はいいですね。 

初めての川でしたので、最初はフライの選択も戸惑いがちでしたが、結構何にでも反応するのがわかってからはこっちのもの。 5cmほどのルアーサイズのヤマメを筆頭?に40~50匹もの魚に遊んでもらえました。 

ちょっと色黒


これくらいのサイズがたくさん釣れます

管理釣り場とはいえ、川自体にはほとんど手は加えられていません。 かといって歩くのが大変というわけでもなく、女性や初心者の方でも安全に楽しめそうです。 魚たちも本来の付き場にいて、いい勉強になりますしね。

虫も豊富。 一番、眼についたのはモンカゲロウ。 他の川でもそうですが、残念ながら釣りにはつながりませんでした。 他には大型のカワゲラやミドリカワゲラ、ヒゲナガやそのほかのトビケラ類。 トビイロカゲロウに、コカゲロウなんかも水面には見られました。 私は確認できませんでしたが、アカマダラもでてたそうです。

水面に浮いていたモンカゲスピナー

一番調子良かったフライは、ストークボディのパラシュート。 他のバイオット・ボディやダビング・ボディのパラシュートにもでるには出るんですが、これが一番良く思いました。 当たりフライって、‘一番数投げたフライである’って事も言えるわけで、思い入れとか思い込みが大部分を占めます。 次行った時も良かったら、本当に当りフライなのかも?

おいしそうでしょ?

実際使ってたヤツはポストが白でしたが、オレンジでもあまり関係ないでしょう。

ウエットフライなんかも活躍しましたよ。

 ウェットも楽しめます

これは‘ブラッディ・ブッチャー’のウィングを青のグース・クイルに変えたものです。

ところどころ開けたプールもあるので、ディンプル・ライズに時間を忘れるような釣り方も楽しめます。

入漁料は¥4,500一般渓流に比べたらもちろん高いんですが、魚は綺麗なヒレをしている物がほとんどで、十分満足できると思います。 対象魚はヤマメと虹鱒ですが、ブラウンとイワナも少ないですがいます。 ちなみに私は岩魚は釣れませんでした。

お約束の?


綺麗でしょ?


ブラウンも釣れます

それと、標識ヤマメを釣ると‘ヤマメバッジ’をくれるそうです。 釣り場では釣ることに一生懸命で、まったく気にしてなかったのですが、実は‘標識ヤマメ’釣ってたみたいです、私・・・ 家に帰って写真の整理をしていてはじめて気が付きました・・・

あっ、釣ってたのね・・・

アブラビレが切ってあるでしょ? これが目印だそうです。

あ~、ヤマメバッジ欲しかったなぁ・・・

  1. 2007/05/10(木) 18:08:04|
  2. fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

鬼怒川

スペイキャストの大先輩、Uさんのお誘いで初の鬼怒川釣行。

初めての場所ってわくわくしますね。 それが2尺ヤマメが釣れる川だなんて聞いてしまったもんだから、いつも以上に期待も高まります。

でかい河です


栃木には何度も行ってたのに鬼怒川で釣りをするのが初めてなのは、大きすぎてポイントが絞れないとか、アクセス場所がわからないなど、ちょっととっつきにくい感じがして敬遠してたんですね。 でも今日は良く知っている人と一緒なので心強いです。

入漁券を買った釣具屋さんには、いいサイズのヤマメの写真が飾ってありました。 おばちゃんにポイントを教わり、いざ川へ。

川を見る限り水位はかなり低いようです。 えさ釣りの人に状況を聞いてみると、どうも良くないとの事。 ここのところ渇水がひどく、昨日よりもさらに10cmくらい下がったらしい。

だんだん心細くなってきます・・・

おおきなストーンフライ

ハッチはいいんです。 気温もぐんぐん上がって汗をかく位になってきました。

何箇所か場所を移動した後、結構良さそうなポイントに到着。 Uさん、地元の友達に電話をして、いろいろ情報を仕入れてくれているみたいです。 感謝感謝。

私は、ここでは慣れないダブルハンドはやめて、シングルハンドでやってみます。 #16くらいのカディスや、大きめのガガンボ、コカゲロウなんかも目につきます。 岸のアシ際あたりをじっと見ていると‘もこっ’とライズする魚を発見。もう一度ライズするのを待ってたんですが、これ1ッ回きり・・・

じーっと待ってると眠たくなってくるので、対岸に渡って流れのゆるいところでライズしているウグイさんでも狙ってみます。 上流から#20のスペントミッジを流すと1発で出ました。 ところが・・・

あっ、あゆ。

すっ、すんません(汗) あゆ、釣っちゃいました・・・

どうやら、流れのゆるいところで群れてライズしているのは全部この稚鮎のようです。 監視員のおじさん曰く、この場所だけでも16万尾放してるとの事。 鮎だらけやん・・・

流芯に目を移してライズを待ってると、ヘッドアンドテイルのいいライズを発見。 立て続けに2回。 場所を確認して上流に回りこみ、も一度待ってみるのですが、コイツもまたこれっきりで、その後は待てど暮らせどライズなし・・・

1日中あっちに行きこっちに行きしましたが、結局ボウズ・・・

イブニングにはモンカゲもハッチしてて、虫は豊富だったんですけどね。 ざ~んねん。

翅の模様が見事ですね

また近いうちにリベンジします。

Uさんお疲れ様でした。 相当走り回ってさぞお疲れのことと思いますが、また宜しくです。
  1. 2007/05/05(土) 13:29:55|
  2. fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR