Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

追記

今回のHFは場所によってハッチの状況ががらっと変わるように感じました。日によっても夜明けのころに曇ってて後から晴れてくる日もあれば、朝からピーカンという日もあり、また夕方フラブのダンを期待していると風ビュービューで、どす黒い雲に覆われたり・・・まあ1日たりとも同じ状況と言うことはありませんでした。

基本的に朝はPMDのダンやイマージャー、またはフラブのスピナーなど。でも流れている虫は考えられるものすべて流れてるといっても過言ではないくらいいろいろ流れていました。
ベイティススピナー、トライコスピナー(オス、メス)、PMDダン、PMDスピナー、カディススペント、カディスのシャック、アント、ビートル、フラブスピナー、キャリベイティススピナー・・・

フックサイズにして#26~#10位までのいろんなものがどっと流れてました。場所はボーンフィッシュフラット。

P7221561.jpg
P7221567.jpg

P7221579.jpg
P7211498.jpg
P7211513.jpg
夕方はフラブのダンがメインで、他にもPMDのスピナーも流れてるんでしょう、#18~#16のラスティスピナーにも反応はありました。

P7211504.jpg
定位して鼻面を出して頻繁にライズしていれば、迷うことなくフラブのCDCバイオットダンなどでいいでしょう。ただこのときはほとんどの魚が右に左に動きながら、やや間隔の空くライズをしていました。こんな場合は、イマージャーを食べていると思っていいですね。つまり釣りづらいライズです。苦手な水面直下ってやつですわ。

これは朝のPMDのときにもまったく同じで、ほとんどの魚をイマージャータイプ、もしくは忍野でも良く使われるD.D.(ドラウンドダン)ってタイプのフライで釣りました。スパークルダンなんかも良いと思いますし、備前さんの案山子タイプもいいでしょう(実際1匹かけてます)

水温は約18℃で安定していました。水位が低いといってもそこはHF豊富なハッチで、ボーフィッシュフラットでは朝の8時半から12時半ごろまでライズがとまることはありませんでした。なのにとれたのは3,4匹ってどうよ?課題山積なのもHFですね。

ポインデクスターへの移動途中にマディソンも2時間ほど釣りました。

P7241699.jpg
例年よりも3週間ほど遅れているということで、サーモンフライのハッチがちょうど良い頃合でした。

魚の活性は高く、岸際を丹念に攻めていくと、出るわ出るわの大騒ぎ。デモね、ジミーさんの記録更新しましたよ。20連発すっぽ抜け・・・痛・・・

1匹だけマディソンらしいブラウンがとれました。

夕方はカディスやエピオラスなどでも楽しめるんでしょうけれど、ポインデクスターへいきたい気持ちが勝って、そそくさとマディソンを後にしました。

ポインデクスターへはマディソンのレイノルズブリッジからだと、2時間ほどで着きます。

P7241743.jpg
途中のツインブリッジズにはウィンストンがありますし、

P7241752.jpg
ディロンにはパタゴニアのアウトレットもあります。

デモね、そんなところ(とは言うもののすごく魅力的ですけど)によってる場合ではないんですよ。

ヘンリーズフォークもそうですが、このポインデクスターもここ6,7年で一番よい年だと地元の人たちが言ってるんです。

早く川へ行きたい!!

とりあえず、ディロンの店で教えてもらったキャンプサイトに行ってテントを張っていると、先日書いた人懐こい猫ちゃんが現れて、どうも猫好きの私はこういうのに弱く、しばし遊んでしまいました。でも実際そんなに急ぐ必要もなく、夕方のライズは、7時半ごろから徐々によくなりました。

P7241847.jpg
夕方の釣りはさほど難しくはなく、ラスティスピナーのみでOKでした。

翌朝の午前中の釣りは打って変わって難しかったですけどね。

翌日は朝8時ごろからライズ待ちしようと行ってみると、もうすでにぽつぽつと始まっていました。まだダンらしきものは流れていないのでラスティスピナーを投げてみるとあっさりフライに出ました。心の準備ができてないというか、いつものことというか、まあすっぽ抜けですわ・・・笑

P7241863.jpg
これはビーバー。たまにドッポーん!!って尻尾を使って大きな音を立てるのでびっくりさせられます。

P7251866.jpg
9時ごろ釣ったブラウン。PMDイマージャーで。

P7241857.jpg
でっかいミミズをつけてルアーのようにリーリングしてたおっちゃん。こういうのもありなんです。いろんな楽しみ方ができる環境があるっていうところに、アメリカの釣りの懐の深さを垣間見れます。

P7251876.jpg
やんちゃなおにいちゃんたちにはな~んにもすることのないつまんない所かもしれませんけど、私たち釣り人にとっては“Heaven”なんだよねぇ。でも紙一重か?なんて思いつつパチリ。

釣行日:7月18日から24日
水温:HF 18℃、ポインデクスター 計ってません

PMDのサイズは#18~#16
フラブは基本的に#14ですが、見ようによっては#12くらいあるんじゃないかと思うくらいボリュームがありました

P7251882.jpg
スポンサーサイト
  1. 2008/07/28(月) 08:28:44|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

帰ってきました

やっと帰ってきました。

P7241826.jpg

最初はヘンリーズフォークだけのつもりでしたが、予定を2日延ばしてポインデクスタースルーにも行ってきました。ついでの距離ではありませんけどね・・・笑

♪ちょっと一杯のつ~もりで飲んで・・・♪、ってやつと同じですよ。

P7191305.jpg
走行距離約900km。使ったガソリン・・・考えたくない・・・。思い出は・・・Pricelessやもんね(笑)

状況は良かったですよ。いろいろと勉強にもなったし、とても有意義な1週間でした。

まず手前味噌で申し訳ありませんが・・・

P7191326.jpg
カメラを岸においてセルフタイマーで取ったので、大変お粗末な写真になってしまいましたがHFの63cmです。魚にピントがきてるのが奇跡的。

初日の1匹目。しかもライズしてたのはこいつだけ。

岸に座ってほとんど眠りかけてたんですけどね、ビクッ!!ってなって、ぱっと見た水面でたまたまライズしはったのがこの魚。
ホンマ単にラッキーやっただけなんです。このフライで・・・ここからこう流して・・・なんてぜんぜん考えてませんでした。

P7241759.jpg
ところ変わってこちらはディロンの町の南を流れるポインデクスタースルー。ディロンって言ったら、知ってる人も多いかもしれませんが、パタゴニアのアウトレットショップもある町です。大学もあって、意外と活気のある町です。

なんかおかしいと思いませんか?間違い探しです。答えは最後に書いておきます。

P7241849.jpg
だだっ広い景色とゆったりと蛇行しながら流れる川を見てると、何年か前にジャックとユウイチくんと一緒に釣った、シルバークリークを思い出します。

P7241822.jpg
泥が厚く堆積してて、不用意に立ちこむと危険なくらい深いところもあります。

P7241847.jpg
魚はブラウンがメイン。一応レインボウもいるらしいのですが、今回は釣れませんでした。

やたらスプーキーかと思えば、ドラグのかかったフライも本物と同じように食べてくれる変なやつらです。でも、すっぽ抜けて地団太踏んでる釣り人のほうがよっぽど変かもね、一般的には。

P7251899.jpg
今回も基本的にキャンプ。釣りしてるとそんなにおなかが減るってこともないんですが、一応ちゃんと食事はとってます。

P7251898.jpg
P7221600.jpg
P7201433.jpg
詳細はおいおい書くとして、今日はもう寝ます。

P7241800.jpg
本日のお友達。
ポインデクスターの近くのキャンプサイトでうろうろしてた人懐こい猫ちゃんです。近くの家の猫だと思います。

本日の間違い探しの答え。
左の看板のスペルが、“ピオンデクスター”になってます。間違い通すところがニクイですねぇ(笑)



  1. 2008/07/25(金) 12:53:13|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

Depuy Spring Creek

昨日今日と、いい感じでストームがやってきてます。空気がきれいになるし、気温も下がるし湿ったストームは大歓迎です。ドライなストームは落雷が原因で山火事になりますし怖いですけど。

R0010928.jpg

昨日は日本からの友人が訪ねてきてくれました。ガイドを通じてDepuyの予約が取れたと言うので、私もダメもとでベティおばあちゃんに聞いてみたら、午後からなら入っていいよとのこと。午前中はどちみちクリークの写真を撮る予定だったのでちょうどよいってなもんです。

P7171239.jpg
同郷で、しかも同じ幼稚園に通っていた・・・って子供のころから知っているような感じですが、去年初めてヘンリーズフォークで知り合ったばかりです。「OO幼稚園???、エー、マジ???一緒やん!」って、盛り上がったわけですわ。で、律儀にアメリカに来る前に連絡をくれたんですね。

P7171117.jpg
開始早々ポンポンっと立て続けに釣ってます。めっちゃうまいです。

P7171099.jpg
ハッチはPMD、サマーベイティス、カディスがメイン。魚もいい感じでライズしてました。

午後は私も参戦。ぼちぼちつれましたよ。まあ、相変わらずすっぽ抜けやあわせ切れは・・・でしたけどね(笑)

R0010919.jpg
彼らはガイド付だったので、それが終わる5時以降、一緒に釣りました。場所は私のお気に入りのベンソンズベンド。

R0010937.jpg
夕方はまたストームにあいましたが、雨の中釣り続ける彼の根性に脱帽です。

P7171110.jpg
釣りが終わって、飯を食うのも惜しんでヘンリーズフォークへと走り去っていきました。

彼らを追っかけて私もこれから行ってきます。

4、5日留守にしまーす。

あっ、そりゃそうとガソリンめっちゃ高いです。

R0010887.jpg


  1. 2008/07/18(金) 13:29:39|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

寒い・・・

と言っても早朝の話ですけども、とりあえず写真を見てくださいな

P7120825.jpg


7月だし、その上湿気の少ないモンタナですから、窓を開けたまま寝るんですが、今朝はあまりの寒さで目が覚めました。

温度計を外に出してしばらく置いておいたら、なんと、ひょ、氷点下!?・・・

温度計を枕元に戻してカメラを用意してる間に少し上ってしまいましたが、0度を少し下回るくらいでした。さむ~・・・

朝方は夜露のせいで湿度が80%を超えてますが、夜は40%をきってるので、のどや鼻の弱い人はマスクを持ってきたほうがいいですよ。私も寝るときはマスクをして寝ます。朝起きたら大概取れてるんですけどね。

P7110792.jpg

放射冷却で寒いわけですから、天気は抜群なんです。日中は30℃にいくかいかないか位ですので、去年に比べれば断然すごしやすいです。

イエローストーン川の水位はまだ高いですが、徐々に下がってきているので来週には釣りになるでしょう。

本流がこんな具合ですので、デピューズなどのスプリングクリークは大盛況。日本人もすでに何人か来てたようです。

そこそこ魚もあがっているようですので、近いうちに様子を見に行こうと考えてます。

P7110811.jpg

てな具合で、朝は少し寒いので、これから来る人はそれなりの用意をしてきたほうがいいでしょう。

あっ、朝の5時からうろうろしてるんは、おいらだけか?(笑)

でも、朝食の時間ごろまでは肌寒いですからね、やっぱりフリースジャケットくらいはあったほうがいいでしょう。

P7120818.jpg

最近やや太り気味の看板娘です
  1. 2008/07/13(日) 06:00:45|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2008 シーズンインです

モンタナリポート再開です。

今までになく乗り継ぎの悪い便で、少々疲れましたが無事到着です。

P7100668.jpg

実に5時間待ちだったシアトル・タコマ空港

私の中では雨のイメージが強いシアトルでしたが、この日は快晴。

P7100734.jpg

日本を出てからすでに18時間ほどたったころのデンバー。夕焼けが目にしみます。意識も失いかけてます。おまけに予定していた便にトラブル発覚・・・さらに2時間弱待たされました・・・

まっ、でも無事到着。感謝感謝。

翌日早速川のチェック。母なるイエローストーン川は・・・

P7110745.jpg

やや水位が下がったもののまだダダ濁りです。

P7110775.jpg

9thストリートブリッジのその後です。

水位は高く、まだ濁りもありますが、サーモンフライがハッチしてるとの情報が入ってきてます。近々出撃予定ですので、良いリポートができればと思ってます。
  1. 2008/07/11(金) 07:57:41|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今年のモンタナ

IMGP0020[1]

あっちゅうまに7月。6月6日以降何も書いてなかったので、スポンサーサイトなんちゅうものが自分のブログにも表示されてまいました。で、とりあえず更新、っていうのも寂しいので、リビングストン・ネタをひとつ。

船外機付きのボート、ミシシッピー川とか、ミシガン湖とかだったら珍しい光景でもありませんが、リビングストンの街中を流れるイエローストーン川です。なんで船外機付き?なの???

街中には9thストリートの先に9thストリート・アイランドって言うそのまんまなネーミングーの中洲があります。もちろんそこへ渡るための橋が架かってるのですが・・・

IMGP0019[1]

今年の雪代はちょっと勢いが・・・

IMGP0017[1]

強かったようです。

IMGP0018[1]

もう橋はガタガタです。というわけで橋が使えないこの中州の住人たちが渡し舟で町にやって来てたという訳ですね。

この9thストリート・アイランドには、ダン・ベーリーズの社長さんも住んでいて、いま“ベイリーズ・ブリッジ”を建設中???

自然の力って本当にすごいですよね。

ちなみにこのイエローストーンリバーは、国立公園内の小さな小川がいったんイエローストーン・レイクに流れ込んだのちにまた流れ出て、北に向かって本格的な川となり、このリビングストンへと流れてきます。

リビングストンを過ぎると大きく東へと向きを変え、モンタナとノース・ダコタの州境(正確にはノース・ダコタに入ってから)のあたりでミズーリ・リバーに合流します。この合流点までがイエローストーン・リバーですが、流程約1,100km、その間ダムがひとつもない北米最後の清流といっても良い位の銘川です。

いろんな川があり、それぞれ魅力的な特徴を持っていますが、私にとってはこの川が母なる川です。今年もこのイエローストーン・リバーを中心にいろんな川を私なりにリポートしますのでよろしくお願いします。
  1. 2008/07/08(火) 19:29:18|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。