Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ちょっとタイイング

P7301761.jpg

ここのところ夕方にはひと雨くることが多く、国立公園内でもかなりの雨が降っていて、イエローストーン本流には濁りが入っています。釣りが出来ないわけではないのですが、こんな時には思い切りタイイングが出来ると割り切ります。ま、魚も休ましてやらんといかんしな(っと、強がってみたりもする)。

P7301749.jpg

マテリアルなどは捨てるところがないというくらい使い倒しますが、あまり使い道のないフックってのも正直ありますね。うちの店にも売れ残ってるフックが何種類かあります。

でもそういうフックって、個性的でけっこう好き。“XX専用フック”なんていうのは正直クソ食らえってなもんで(失礼)、意図とは違う使い方をしたくなる可能性を秘めています。(あ~、なんてへそ曲がりな・・・)

でこれ、

P7301768.jpg

前ふりが長かった割にはたいしたことないフライですが、フックは懐かしいでしょ?

確かもう売ってないんですよね? まだ売ってるのはうちの店ぐらいでしょう(笑)

大きなサイズしかないので、ドレイクを巻いてみました。

スイミングニンフは正直3本しか巻いたことがありません。いつまでも使わずにボックスに残っていたので、今でも覚えています。

P7301771.jpg

ニンフフックの割りにワイヤが細いですね。ウエイトを巻いたときに重心を偏らせて、泳がせやすくするために細くしてあるんだと思いますが、おかげでドライにも十分使えます。

P7301765.jpg

このカーブがメイフライの反ったボディにぴったりです。

P7301772.jpg


浮き加減も・・・いいんじゃない?

ただの自己満足です。でもこれでいい思いをした日にはちょっと困りものですよね。だって、もう売ってないんですからねぇ・・・笑

P7251670.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/07/30(木) 13:26:10|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Tackle Packs

タックルパックと言うのが正式なのかどうかはわかりませんが、チェストパックとか、ランバーパックとか、ヒップパックとか言われている小さめのバッグです。

いろんなメーカーから発売されているのですが、Hatch Finders FSでは、フィッシュポンドを扱っています。

P7281687.jpg

今年の新製品“ARROYO CHESTPACK”($59)です。かなり小さめですが、C&FのMサイズ1個とSサイズが2個入ります。

P7281688.jpg

フィッシュポンドお得意のフライパッチ。フライがつぶれてしまうやん!って意見もありますが、結構便利です。特にCDCを使ったフライなら型崩れはあまり気になりませんしね。

P7281689.jpg

最近の私のお気に入りは“San Juan Vertical Chest Pack”($49)

P7281696.jpg

かなり前からラインナップされていますが、フィッシュポンド最小のパックです。

P7281697.jpg

C&FのLサイズが1個ぴったりとおさまります。と言うか、これしか入りません。

先日のボルダーの支流や、夕方2時間ほどの釣りには最適で、とても軽快に楽しめます

P7281698.jpg

今もまだ使っていますが、右の“Waterdance Guide Pack”($89)では余裕がありすぎてあれもこれも入ってしまい、結局シンプルではなくなってしまいます。
ちなみに左は“BLUE RIVER CHEST/LUMBAR PACK”($69)

これはこれでいいのですが・・・

ま、結局何か新しいものを使うときの言い訳ですね(笑)

P7281699.jpg

こんなバッグもあります。“CLOUDBURST GEAR BAG”($195)

Fishpondのウェブサイトはこちら
  1. 2009/07/28(火) 05:36:51|
  2. tackles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Carbella~Emigrant

おとといは町の東をフロートしたので、昨日は町の南、イエローストーンナショナルパークのノースエントランス近くまで走り、カルベラ~エミグラントまでを下りました。

IMGP0079.jpg

時折雨もパラつく絶好の釣り日和。おとといとは打って変わって次から次へといい魚が顔を出してくれました。

IMGP0084.jpg

IMGP0087.jpg

ピンボケでスンません。

IMGP0092.jpg

昼飯でボートを止めたところでもライズしてました。

P7271686.jpg

P7271684.jpg

ここのところ絶好調のフォームフライ。

ピンクプーキーっぽいですが、ドロッパーの絡み防止なども考慮した改良版。絡みの原因だったインジケーターとオーバーウイングはやめて、折り返したウイングで、アンダーウイングのエルクヘアを左右に振り分け、後ろ半分だけ瞬間接着剤でボディーに留めています。背中をすべて赤のフォームにしたことで視認性も抜群。よそ見してても視界に入ります(笑)

P7271682.jpg

毎晩遅くまで巻いた甲斐あって、こちらに来たときにはスカスカだったフライボックスもようやく埋まりそうです。

IMGP0093.jpg
  1. 2009/07/28(火) 01:09:56|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Spring Creek

スプリングクリーク・・・いい響きです。

P7201548.jpg

限りなく透明な水にゆらゆらとゆれる水草。そしてトラウト。

P7221614.jpg

引きは強く・・・

P7221622.jpg

そして美しい。

P7201544.jpg

景色も最高

P7221616.jpg

なんといってもリビングストンの町から15分でいける便利さ。

P7221633.jpg

真っ暗になるまで楽しんでください。

P7221644.jpg

夕暮れ時のスピナーフォール。

P7221640.jpg

きっとすばらしい思い出になります。

P7221609.jpg
  1. 2009/07/27(月) 00:07:19|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

山ん中のパラダイス

先日ビデオを載せたんですが、その詳細です。

イエローストーンリバーの支流のボルダーリバーのこれまた支流の一つです。

P7190298.jpg

トレールヘッドに車を置いて、そこから歩いて約1時間。

P7191345.jpg

途中険しいところもありますが、

P7190310.jpg

突然パラダイスが現れます。

P7191364.jpg

ライズを確認・・・

P7191366.jpg

掛ける!!

P7191373.jpg

デ、これです。1時間の山歩きの甲斐があると言うもんです。

P7191428.jpg

魚は適度にスプーキーで、適度に素直。

景色も申し分なしです。

P7191405.jpg

しばらくフラットな流れが続き、やや上流にはまた木々の茂る流れがあります。

P7191413.jpg

下の写真、真ん中の魚の陰がわかりますか?

P7191387.jpg

こんなの見つけると、ドキドキですね。

P7191444.jpg

mayfly555さん、釣りまくりでしたね~。今回一番印象に残った釣りだったようです。山歩きの苦労の分だけ楽しさが倍増するのかも?

P7191388.jpg

P7190318.jpg

釣りに夢中になってもPM6時までには帰り支度をしたほうがいいですね。

だって・・・、

P7191470.jpg

ベアカントリーですから。

P7261676.jpg

距離は約9m、時間は約9秒・・・噴射出来るそうですが・・・

効くのかどうか・・・あまり試したくはないですねぇ~



  1. 2009/07/26(日) 14:46:04|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

89~Springdale

mayfly555さんとの釣りはまだ続くんですが、今日はちょっと一休みで、イエローストーン本流のレポです。

今日は昼からディーンオヤジとドリフトです。

Copy of IMGP0058

リビングストンの町のちょっと東の、89ブリッジからスプリングデイルまで。

ここは私の好きなポイントが点在していて、なおかつ大きな魚の可能性もあるストレッチです。

やや水位が下がってきたのでいってみましたが、まだ少々流れが速く、思っていたポイントももう後少しで顔を出すと言った具合でした。

Copy of IMGP0061

それでもかなりの数の魚がフライに出てくれたのですが、ことごとくバラシ・・・その数10を超えました。失格ですね・・・笑

デ、やっとこさ釣った魚が上の写真。グリーンのフォームホッパーにドロッパーでフェザントテイルをつけて流したら、ホッパーにゆーっくり“ポコン”と出ました。ネットですくってみると、フェザントテイルまで口に刺さっています。さすがカットスロート。笑わせてくれます。(写真ではすでにホッパーは口から外れてます)

Copy of IMGP0063

オヤジにも釣れてホット一安心。

Copy of IMGP0068

35cmくらいから45cmくらいの魚がメインで、フライに出た数は20近かったので、スローと言うわけではなさそうです。

これから1週間後くらいにまた下ってみたいセクションです。


おまけ 「今日のPookie」

Copy of IMGP0076

帰りの車で風を受けるプーキーの顔があまりにブサイクだったので、パチリ。

Copy of IMGP0073

えさをねだる時の、なみだ目で見上げるあの顔はどこに行ったんだ?(笑)

でも犬って、車に乗ると何で風を受けて走りたがるんでしょうかねぇ??

  1. 2009/07/26(日) 12:58:45|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Slough Creek

もう何度も登場していますが、超お勧めの川の一つです。

P7211552.jpg

この時期にしてはまだ水位がやや高い状態ですが、気温がそれほど高くないので昼頃のグリーンドレイクのハッチを期待していたのですが、あまりに天気が良すぎてほとんど見られませんでした。

最初のグリーンドレイクを見たのがPM2:30、しかもこの1匹だけ。最後に見たのがPM7:30に2匹だけ。つまりパラパラと、だらだらとハッチしていて魚の興味を引くほどの量ではなかったんですね。

P7211554.jpg

そんな時にはビートルをキャストしてみましょう。

このように太陽がさんさんと降り注ぐ日には水底に影を作るような大き目のフライがとても有効。底にべったりと張り付いていたやつがゆっくりと浮上してきて、これまたゆっくりとフライをくわえます。すべてがあまりにゆっくりなので、早合わせに気をつけましょう(笑)

P7211564.jpg

下の写真のように岸際のストラクチャー周りには必ず魚がついています。時には小さな虫にライズしていることもありますが、そんな魚でもビートルにはついつい反応してしまうんでしょうね。

P7211575.jpg

P7211586.jpg

ほらね^^)

P7210394.jpg

よそ見していますが、目線の先にはまだ3匹の良型がライズを繰り返しています。


P7211573.jpg

夕方になるとやはりカディスなどへの反応が良くなります。

P7211590.jpg

ライズを見つけて・・・・

近づく・・・・

P7211601.jpg

掛ける!!

P7211604.jpg

写真を撮りそこなう・・・笑

でも、ある意味決定的瞬間かも?

P7211561.jpg

ただただ美しいところです。今年は雨が多かったので、7月後半の今でも草木が青々としていてとても清々しい光景です。

また、遠くのベアトゥースの山々に雪が積もり、アスペンの紅葉する秋もとてもきれいです。

チャンスがあれば、リビングストンを拠点に是非この川を釣って頂きたいと思います。



  1. 2009/07/24(金) 01:03:48|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ぼちぼち更新しないと・・・

P7130847.jpg

この10日間mayfly555さんと朝から晩までいろんなところに行っていたのでまったく更新出来ていませんでしたが、今朝無事に日本へと見送りましたので、ぼちぼち更新していきます。

まずはヘンリーズフォーク。

P7151173.jpg

文句なしに今回最大。フラブダン(でしたよね?)での1匹。見事です。

4日間通してハッチ量は多くは無かったですが、この時期に見られる虫はほとんどハッチしていました。

P7151100.jpg

P7151101.jpg

P7151106.jpg

P7151107.jpg

P7151169.jpg

P7151191.jpg

P7151198.jpg

P7161234.jpg

P7151217.jpg

P7161240.jpg

P7151099.jpg

P7151057.jpg

P7151073.jpg

最後の写真のブラウンドレイクはさすがにでかいですね。フックキーパーのフライは#16です。

風が強すぎてまったく釣りにならないイブニングもありました。(せっかくアイランドまで歩いたのにねぇ・・・笑)

夕方はフラブのダンがメインフライでしたが、朝はいろんなものが流れてきていました。前日の天候が不順だとフラブのスピナーはもちろん、ダンも流れてきます。それに続いてと言うか、ほぼ時間を同じくしてPMDやら、キャリベイティスやら、コカゲロウやら・・・・・

釣りはちょっと難しくなりますが、こんなに一度にいろんなメイフライが見られるのはもうけモンかもしれませんね。

P7130870.jpg

私たちより数日早くHF入りしていたmayfly555さんは、ミリオネアで合計13匹の魚に遊んでもらったという日もあり、全体的にそんなにスローではないのですが、やはりライズ狙いのつりはハッチに左右されるんですね。

P7130137.jpg

初日の1匹。その後はバラシやすっぽ抜けの連続で・・・! やっぱりライズ狙いは楽しい・・・ねぇ(笑)。


  1. 2009/07/23(木) 13:39:31|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

ちょっとご無沙汰してしまいましたが・・・

今回は動画にしてみました。詳しくは後日書きます。

wood road


ちょっと小さいけど、日暮れ間近の1匹。

山の中のパラダイス


山の中なのに牛が放牧されています。

山の中のパラダイス Part2


これは立派。50cm近くあるかと思いましたが、実際は45cm。ここの魚はほとんどがこのくらいのサイズでした。
  1. 2009/07/19(日) 14:17:17|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

本流が増水でも・・・

サーモンフライのハッチが安定するまでは、イエローストーンリバーの本流はボートで下るくらいしか方法が無いと思われがちです。

ま、ほぼそれは正解なんですが(笑)、そんな時には思い切って支流に行ってみるのが超お勧めです。

P7120838.jpg

水位が下がってしまうとほとんど流れのないサイドチャネルもこの通り。

P7120823.jpg

この時期には欠かせない、イエローサリーでまずは1匹。

P7120826.jpg

そんでもって、こんな奴やら・・・

P7120828.jpg

こんな奴も・・・

P7120836.jpg

フォームフライも活躍中。

ゴールデンストーンもハッチしていたので、使ってみたらボコボコ出てくれました。ミスフッキングは多かったですけどね(笑)

P7120839.jpg

もちろんメイフライもハッチしています。

この時期にしか出来ないサイドチャネル。どうぞお試しあれ。

P1000018.jpg

もう一つのお勧めは、山の中。

P1000014.jpg

アブザルーカベアトゥースウイルダネス。まあちょっとした山ん中です。

P1000034.jpg

山の中とはいえ、トレールヘッドから約40分で行けます。ザックを担いでゆっくり歩いても1時間かかりません。

P1000032.jpg

静かなライズリングがあちこちに・・・

めっちゃ透明な流れと、近づけばなくなるライズ・・・

ライズ好きにはホンマたまらんシチュエーションですわ。

歩くのが苦にならない人には、こちらも超お勧めです。
  1. 2009/07/13(月) 00:01:07|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Dawn

P7110655.jpg

最近よく思うんですが、当たり前になってしまって見落としていることって結構多いんじゃないかって。

だから、なるべく動き回っていろんなものを見ておこう、いろんなことを経験しておこうと思ってます。

P7110679.jpg

いつでも見られるものと思っていた景色が、突然見られなくなることもあるかもしれない・・・な~んて、普段は思わないですからね。

P7110685.jpg

日本からアメリカに来ると、たいてい時差ぼけです。それならこの時差ぼけを最大限楽しみましょう。

P7110690.jpg

私の場合、なるべく時差ぼけにならないように結構頑張って調整してるつもりなんですが、大体最初の2、3日は朝4時~5時の間に目覚めてしまいます。

P7110693.jpg

この時期の朝5時は、朝焼けの一番きれいな時間帯です。「明日でもいいや」って思うのはもったいない。今日の朝焼けは今日しかないんですから。

P7110710.jpg

P7110727.jpg

朝一番に飲むコーヒーはとても大切です。これがまずいと1日が台無しってことにもなりかねません。(大げさ~)

P7110644.jpg

うちの店の隣はコーヒーショップです。コーヒーがうまいのはもちろん、お勧めはベーグルです。

P7110645.jpg

実は、今年からオーナーが変わったのですが、味は前にもまして良くなったんじゃないかな。

去年ご紹介して、今年からからうちのお客さんも利用させてもらっているB&B、Yellowstone Horizonsの日本食も超お勧めですが、このコーヒーショップの朝食も機会があればお試しください。

P7110725.jpg

P7110776.jpg

雪のように積もっているこの白いものはコットンウッドです。

P7110761.jpg

このコットンウッドもこの時期の風物詩ですね。

P7110800.jpg

しっかし、早朝の街中って、ホントに人っ子一人いないんですよね。

P7110780.jpg
  1. 2009/07/12(日) 00:07:00|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

2009 初日

最初の2、3日は時差ぼけとの戦いですが、いいつりが出来ればそんなもの吹っ飛ぶかも?知れません。さて今年の初日はどうなったでしょうか?

P7100575.jpg

今まさにサーモンフライがハッチしているとの情報は、昨日会ったすべての釣り人から聞かされていました。時差ぼけで朝早く目覚めてしまった私は、先に店に行って荷物の整理をすることに。

忘れ物が無いようにと準備していると、またまた情報が・・・

今日行こうとしていたCarbellaの手前で道路工事をしてて、片側通行で大渋滞・・・そ、そんな~

しょうがないのでちょっと下流のEmigrantからMallard's Restまでを下ることにしました。

P7110588.jpg

抜けるような青空。とっても暑い様に見えますが、気温はそんなに高くなく、日差しは強いもののさほど汗もかかない快適な1日でした。

P7110592.jpg

始めてからしばらくは今ひとつでしたが、ウーリーバガーを投げてたオヤジに待望の初ヒット。

ちょっとスキニーですが、蛇のように長いブラウンでした。

でまたしばらくして・・・

P7110599.jpg

1匹目よりは小さいものの、色といい体型といい文句なしのコンディションのブラウンでした。

ボートで下りながらの大名釣り、ましてやウーリーバガーなんて楽しくないと思うかもしれませんが、ところがどっこい、これも私の好きなサイトフィッシングのひとつなのです。

この時期雪代で濁り気味の川ですが、岸から約5、60cmはぼやっと見えています。

ウーリーバガーを岸ぎりぎりに投げて、ふわふわと漂わせていると、ドロップオフに潜んでいた魚がふわっと浮かび上がってくるのですが、ボートからだと目線がかなり高いのでこれが良く見えるんです。結構エキサイティングなつりですよ。

大型のブラウンはウーリーバガーでよくつれるのですが、この時期はサーモンフライのニンフがハッチの準備でうろうろしているので、さらに効果があるというわけです。

皆さんもチャンスがあればぜひトライしてほしいですね。

・・・で、私はというと、3匹掛けたのですがすべてバラシてしまいました。フライにアタックしてくるのが良く見えるので、ついつい早あわせになってしまうんですよね・・・言い訳ですけどね(笑)

久々に漕ぎましたが、心配してた腰もそう痛く無く、何とかこの夏も乗り切れそうです。

P7110623.jpg
  1. 2009/07/11(土) 08:24:40|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今シーズン最後?の忍野

梅雨というのにこの日も晴れました。

DSCF2018.jpg

最近よぼよぼ歩きのネコさんですが、やはり釣り人の魚を狙ってました。

DSCF2012.jpg

今シーズンはヤマメづいていましたが、この日も1匹目はヤマメ。忍野ってホントに楽しいねぇ。

SCF2014.jpg

どっちを向いても緑のまぶしい季節となりましたね。

DSCF2027.jpg

午後は、1匹の魚のライズにハマってしまい、大苦戦。

DSCF2031.jpg

こいつは岸のエグレから、たま~に出てきてライズしてたブラウン。これも一応狙って釣ったとはいえ、本命さんではありません。

SCF2025.jpg

こいつも綺麗なレインボーですが、やはり本命さんではありません。

結局本命さんは一度フッキングしたものの、すぐ外れてしまいました。やはりドリフトでしょうね。

DSCF2036.jpg

レフティの私にはいいポジションでしたが、流れの向きが非常に複雑で、ラインの置き方が難しく、結局最後までまともなドリフトは出来ませんでした。

夕方にはクシゲの良いハッチがありました。この時期の忍野は何年か振りですので、久々にケニスも見ることができました。白の極小パラシュートで釣れたので、一応ケニスの釣りも楽しんだということ?かな?

私は今週から9月末までモンタナですので、忍野は早くもこの日で釣り納めですが、皆さん行ったほうが良いですよ、絶対。

ドリフトの基本から応用まで練習できるし、リーダーの長さやティペットの長さをいろいろ試したりできるし、ここで思い通りに釣れれば、Depuy'sも、MZも、掛けるまでは結構簡単なんじゃないですかねぇ?

ドリフトの下手な私は今年も苦労すると思いますが、またボチボチですがレポート書きますので、お付き合いのほどよろしくです。

DSCF2038.jpg


  1. 2009/07/06(月) 23:19:26|
  2. fly fishing
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。