Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Last Day at Jackson

ジャクソンでの最終日。早く帰るつもりでしたが、結局1日ホーバックリバーでの釣りとなりました。

P8213000.jpg

1匹目は・・・

P8212987.jpg

ホワイトフィッシュ(^^;)

2匹目も・・・ホワイトフィッシュ(--;)

P8212990.jpg

3匹目・・・やっとでっぷりと太ったカットさんが釣れましたよ。

P8212997.jpg

この日はストークボディ・パラシュートが活躍しました。

P8213009.jpg

リカルドにもヒット!

P8213002.jpg

結局ハマノさん宅へ戻ってからも、写真のダウンロードや、突然のキャスティング講習会などなど・・・

日暮れまでにキャンプサイトにたどり着けないかも・・・

P8213027.jpg

グランドティトンパークを出るころには、見事に日暮れ・・・

もう夕焼けを撮るしかないでしょう。

P8213028.jpg

P8213030.jpg

P8213056.jpg

P8213057.jpg

この後、工事中で片側通行の場所があり、結局ウエストイエローストーンの町に着いたのが23時過ぎ。ガソリンを入れて、マディソンのレイノルズブリッジに着いたのが、真夜中を回っていました。

2週間前にテントを張ったところと同じところに今回も設営。疲れた~。もうさっさと寝ます。

P8223060.jpg

朝はきっちり目覚めます。朝から米を炊いて、お茶漬けにしてかっ込みます。

P8223059.jpg

この日は朝も早よから好調でした。

P8223061.jpg

11時ごろで、マディソンは終了して、ギャラティンへ向かいます。いつもの場所の下調べをして、ボーズマン経由で、リビングストンへと戻ります。

やはりリビングストンは落ち着きます。帰って来た~、としみじみ思いますね。

Home, Sweet Home

P7110685.jpg

「Dean、かえったよー」

「Oh、コーイチー、お帰りー、明日はどのセクションをフロートする?、ん?ん?」

2週間もおとうさんをほったらかしにしてたので、しょうがないかなと思いつつ・・・

「帰ってきたばっかりやんけー」



スポンサーサイト
  1. 2009/08/31(月) 12:50:23|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Echo

製品紹介です。

P8303234.jpg

以前あったEcho Classicが無くなり、Echo Carbonというシリーズになりました。

P8303237.jpg

P8303238.jpg

アクションはエコークラッシックよりも若干やわらかくなりましたが、多分こちらのほうが扱いやすいと思います。

以前のロッドは、初心者の場合1番手重いラインを勧めることもありましたが、新しいシリーズは指定番手でまったく問題無しです。短いラインでも、長く出した時でもきっちり投げられます。

重量バランスも良いみたいで、以前のものよりも軽く感じます。

マットブラウンのブランクもシックでいいですね。

P8303236.jpg

今回びっくりしたのは、Echo Gecko(ヤモリ)

子供向けのロッドなんですが、大人でもかなり遊べます。

若干柔らかめのアクションが、なんとも良い感じ。甥っ子のためにと仕入れたんですが、しばらく自分で使ってみます(^^;)

エクステンションバットの部分を握って投げると、びっくりするくらい良く飛びます。



  1. 2009/08/31(月) 00:43:25|
  2. tackles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

3rd Day at Jackson

なんだかんだでジャクソン3日目。

今日はパタゴニアのイヴォンさんと、スネイクリバーのダム下ポイント。

去年は家を訪ねただけで終わりでしたが、今年は念願かなって一緒に釣りが出来ました。

あわよくば、フライも交換してもらえるかな?

P8202797.jpg

P8202864.jpg

この日もアルフレッドは絶好調。常にライズ狙いなところは感心させられます。

P8202915.jpg

Good Job!

P8202895.jpg

岸辺でくつろぐリカルド。サングラスが似合うね。

P8202883.jpg

ハマノさんのキャストはいつ見ても惚れ惚れさせられる、すばらしいフィッシングキャストです。

P8202894.jpg

Mさん、今回2度目のFFとのことですが、・・・

P8202921.jpg

ほれ、この通り。フライは私の巻いたスカッドです。で、サイトニンフィング。

P8202925.jpg

こんなのが、丸見えで悠々と泳いでるんですよ。ニンフ、投げいでか?っちなもんやで。


P8202908.jpg

P8202781.jpg

Mt.モランをバックに。かっこ良すぎます。

尊敬する人の一人と時間を共有できて、私は幸せもんです。

釣りは魚の種類やサイズではなく、また釣っている時間の長さでもない。心に残るその満足度は言葉では言い表せません。

P8202881.jpg

自然に対するやさしさは、その仕草に現れます。

魚をリリースする姿に心が癒されました。

P8202849.jpg

で、私にもこんなのが釣れました。ここのカットスロートは、えらの下のラインがとても鮮やかですね。

私は最後までPMDのパターンにこだわって釣ってたので、帰りにイヴォンさんが、「君のPMDパターン、見せてよ」って。

今回はそんなに舞い上がってないつもりでしたが、結局フライ交換してもらうの、忘れてました(笑)

うまくオチがついた?かな?






  1. 2009/08/30(日) 14:20:46|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Snake River、Hoback River、Flat Creek

ジャクソン2日目は、アルゼンチンでフィッシングロッジを営むアルフレッドと彼のビジネスパートナーのリカルド、そしてハマノさんと私、計4人での釣行。

P8192654.jpg

お昼過ぎまではブラックテールポンズ、昼からはホーバックリバーへ行って、夕方はフラットクリークに戻ってくるという、ちょいと忙しいスケジュールでしたが、みながそれぞれの川を楽しめたので良かったと思ってます。

P8192713.jpg

P8192692.jpg

グランドティトンをバックに、川原でおにぎりを食べるアルゼンチン人。なんとなく、パタゴニアに来たみたいに思えてきます。

P8192677.jpg

スネークリバーのサイドチャネルもやってみましたが、この日は不発。

P8192729.jpg

次に訪れたのはホーバックリバー。ジャクソンから南に30分ほど走ったところにあるスネークリバーの支流です。

P8192722.jpg

これくらいのサイズが、しこたま釣れます。

P8192727.jpg

ウッドダックフェザーを使ったウェットフライです。

P8192717.jpg

P8192744.jpg

イブニングはフラットクリークに戻りましたが、あまりライズも無く、早めに帰路に着きました。

P8192707.jpg

P8192699.jpg

P8192675.jpg


  1. 2009/08/27(木) 06:00:00|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Flat Creek, Snake River

早朝のフラットクリークは風も無くとても清々しいものでしたが、魚の気配もまったく無し。

P8172494.jpg

去年と比べるとかなり水位が低く、去年良かった上流部分は、フラットクリークの特徴であるアンダーカットバンクがすべて露出していました。

P8182496.jpg

かろうじて養魚場からの流れ出しのすぐ上のプールで2,3匹の魚のライズを見たのみ。

ちょっと作戦を練り直さねば。

ブラックテールポンズでも行ってみようかと思い立ち、去年もお世話になったハマノさんに電話を入れると・・・

「なんや、来てたんかぁ、ほな俺も行こかぁ?」って、まだ誘ってないんすけど・・・笑

でも結局このあと3日間もお世話になってしまい、お礼の言いようもありません。ほんとにいつもありがとうございます。

P8182507.jpg

我先なのはいつもどおり・・・笑

ハマノさんは2時間ほどで帰られ、その後は貸切状態。昼頃からPMDやベイティスのハッチに恵まれ、3本のグッドサイズを手に出来ました。

P8182510.jpg

P8182528.jpg

P8182552.jpg

ライズの頻度が下がってきた2時ごろ、ブラックテールを後にしてフラットクリークへと戻ります。

今度はジャクソンへと向かうハイウェイ沿いにある駐車スペースに車を止めて下流部分を釣ります。

P8182592.jpg

下流部分は浅いながらもちゃんとアンダーカットバンクが残っていました。川幅も広く、大きなカーブの外側は深くなっているところも多いので、大型の期待大です。

P8182594.jpg

まあでも、そんなに都合よくライズしているわけも無く、かなり歩いてライズを探さなければなりませんでした。

P8182623.jpg

虫気も出てきていい感じですが、漠然と歩いていてもせっかくのバンクフィーダーをスプークしてしまうだけですので、大きなカーブと、ゆるい流れに絞って探します。

で、・・・!

P8182600.jpg

約20インチほどだと思いますが、体高と幅があるのでかなりの重さです。

P8182608.jpg

大きく曲がったカーブの岸から5cmのところで鼻だけ出してダンを捕食していました。

P8182609.jpg

フライはPMDのCDCダン#16

P8182610.jpg

ありがとう。

P8213020.jpg

この後、ハマノさん宅に向かい、奥さんのすばらしい料理とともに、アルゼンチンからのゲストさんたちとフライトークに花が咲きました。



  1. 2009/08/26(水) 00:43:08|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Flat Creek、Snake River in Jackson

ソルトレイクを後にして、次に向かったのはワイオミングのジャクソン。

P8182499.jpg

ヘンリーズフォークに戻るか、I-15でディロンまで行ってポインデクスターを釣るか、ジャクソンのフラットクリークへと向かうか、最後の最後まで贅沢すぎるほどの悩みですが、迷いに迷いました。

でも、アイダホフォールズで、ガソリンを入れつつ・・・ん~、やっぱジャクソンだな。

こんな気ままな旅が好きです。

P8172458.jpg

日暮れまでにワイオミングに入る予定でしたが間に合いそうに無いので、ティトンパスを上りつつキャンプサイトを探していると、ちょうど無料のキャンプサイトを発見。

さっさとテントを設営して、ささっと食事を作って、就寝・・・zzz

P8172459.jpg

で、朝起きたら、まー、寒いこと寒いこと。そりゃそうですよね、2500mでのキャンプですから、テントも凍りますわな。

P8172477.jpg

トラックの鼻息も荒くなります。

P8172481.jpg

かじかむ手でさっさとテントを片付け、いざフラットクリークへ。

P8172494.jpg

朝のフラットクリークは風も無く、たいそう穏やかな雰囲気。

で、魚の気配もまったく無し・・・

P8182541.jpg

さて、どうなるのか? 2009のフラットクリークは・・・??


  1. 2009/08/25(火) 08:01:50|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Salt Lake City

P8142195.jpg

やっと帰ってきました。

始めは1週間のつもりが結局2週間。4つの州をまたいで走ったので、正直なところ2週間でも足りないぐらいですね。アメリカはやはり広い!

とりあえず、“Salt Lake ネタ”から徐々に書いていきます。

P8142185.jpg

さすがにソルトレイクは都会ですね。もちろんカリフォルニアやニューヨークに比べたら田舎なんでしょうけれど、モンタナの片田舎から行くと、若干ビビッてしまいます。

片側5車線のところもありますし(^^;)

P8142196.jpg

中は良く見えませんが、セクシーランジェリーだそうでス。

P8132151.jpg

ミニバンタイプの車ですが、なんか変? 後輪が4つになってます。Duallyって言うんでしょうか、ダブルタイヤですね。で、オーバーフェンダーつけて、これでOK?なの?

やっぱりアメリカはすごい。

P8152219.jpg

今回お世話になった友人のお師匠さんが、ご自慢の車でドライブに連れてってくれました。

イギリスのライトウエイトのスポーツ車とはまた違ったフィーリングが楽しいですね。

P8152225.jpg

ユタでの釣りは1日だけでしたが、これが思いのほかいいんですよ。

正直なところをいいますとね、今回行くまでは“砂漠と、塩の湖、それと直線命君たちがスピード記録を作るのに必死になっている・・・”というイメージだけでした。(あっ、それとケント・デリカットね・・・笑)

ユタにお住まいの方々、ホンマスンマセン。

完璧にイメージが変わりました。

P8162340.jpg

牧場のための灌漑用水路に作り変えられてしまった川を、地元の方々の努力で、このようなもともとの姿に近い川に戻すことが出来たそうです。

P8162335.jpg


アッパー、ミドル、ローワーの3つのセクションに分けられているのですが、今回はミドルセクションを案内していただきました。

3時間ほどでしたので、ほんの数百mの区間だけでしたが、かなりの数の魚に遊んでもらえました。

P8162321.jpg

これくらいのサイズがほとんどでしたが、20インチオーバーもかなりいるそうですので、また挑戦したい川です。

P8162343.jpg

もちろん、ドライフライでライズを狙いたい私は、「夕方なので、スペントカディスでOKでしょう? 」なんて思っていたら、かーるく無視されました。魚によってはカディスでOKの場合もありましたが、狙っていたライズの主は、時間的にちょうどハッチの盛んになっていたヒラタカゲロウをおもに捕食していたようです。

マディソン用に巻いたピンクレイディのパラシュートに変えたとたんに入れ食いになりました。ただし、超人気河川ですので、忍野なみのドラグフリードリフトでないと食ってこないところがにくいねぇ。

P8162327.jpg

ここは通ってみたい川の一つとなりました。

友人曰く、まだまだ序の口。10年住んでいても飽きないのだから、そのすばらしさは推して知るべしですね。

私の友人をはじめ、彼のお師匠さんもそうなんですが、ユタにはほかにも数多くのすばらしいフライタイヤーがいることでもその自然環境のよさが判ると思います。

友人から紹介してもらったフライショップのオーナーもとても素敵な方で、人望もあり、川の保存に尽力した人でもあります。

ショップ主催の水生昆虫講座や、タイイング講座なども好評なようです。

彼のショップをリンクしましたので、ご覧くださいね。ブログの写真は必見ですよ。

ソルトレイク直行便も就航したことですし、アメリカでの釣りの選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?

P8162301.jpg

暑い暑いと言っていたら、こんなに寒い日もあり、ここもまたロッキー山脈の一部なんだなあと改めて思いました。そりゃそうですよね、冬季五輪の開催地ですからね。

P8162300.jpg

つまり、それだけいい川もあるってこと。




  1. 2009/08/24(月) 05:44:55|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Madison~Henry's Fork~Salt Lake City

思えば遠くへ来たもんだ・・・

現在私は、ソルトレイクシティーに来ています。

とりあえず更新と言うことで、写真中心です。

P8091962.jpg

先週末はBoiseからの友人たちとマディソン、HFを釣りました。土日ともにやや寒い天候で、みぞれまじりの雪まで降るくらいだったのですが、こういった天候が好きな私としてはやる気の出る状況でした。皆で飲む酒は格別。

P8101974.jpg

鳥にやられた傷も生々しいレインボウ。がんばれよとリリース。

P8101983.jpg

HFのPMD(と言ってよいでしょうか)、マダラカゲロウ2種。

P8102001.jpg

虫は豊富にハッチしていたHF。コカゲの横でひっくり返っているのはグレイドレイク。

P8112052.jpg

友人たちが帰った次の日の月曜は打って変わって雲ひとつ無い天候でした。

P8101994.jpg

私はこいつがキーだったと思ってるんですが・・・?

P8112041.jpg

トライコスピナー(オス)。夏の早朝の代名詞ですね。

P8102027.jpg

朝早く行くともやがかかっていてなかなか幻想的でした。

P8102004.jpg

なかなかのファイター。今年はほとんどの魚がこんな体型でした。最終日のイブニングで最後の最後でやっと掛けた魚も数回ジャンプして糸を切って逃げたのですが、こっちに向かってジャンプしたときには正にフットボールが飛んでくるかのような感じでした。

P8112083.jpg

朝には羽蟻の流下があり、久々にいい思いが出来ました。

P8112068.jpg

朝のキャンプサイトにはいろんな虫が集まってきます。

ちょっと皆さんに並んでいただきました。気温が低いのでじっとしています。

P8122108.jpg

苦労して掛けた、ボーンフィッシュフラットの1匹。

P8122090.jpg

朝のスピナーの流下は、それはすばらしいもんでした。

P8122109.jpg

ありがとうと、リリース。

P8132165.jpg

で、今現在はユタの知人宅に厄介になっています。

まさか秋刀魚を食べさせていただけるとは・・・多謝

P8132158.jpg

で、今回の旅での新たなお友達の“しのぶ”さん。可愛すぎます。

なぜかコメントがうまく入れられません。ちょっと遅れますが、リビングストンへ帰ったら返信します。皆さんすいません。
  1. 2009/08/14(金) 13:47:48|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Snow Shoe Rabbit

家の周りをうろつくバニーちゃん。

P7311777.jpg

「前に巻いてくれたスノー・シューのフライ、まだある?」

「いや~、もうないねん」

「ぇ~、そらあかんわ」

(注:ここはリビングストン。関西の片田舎のようなもんです)

この兄ちゃん、前にちょこっとまいてあげたスノーシューのフライがえらく気に入ってくれてたみたいで、どうしても欲しいようです。

「ちょっと時間くれたら巻くけど、どんだけ欲しいん?」

「2ダース、サイズ#14」

「OK、ほな明日までには巻いとくし、都合のいい時に取りに来て」

と、引き受けたのはいいのですが、明日から約1週間の旅の準備がまだ出来ていません。おまけにスノー・シュー・ラビットがどこへ行ったのやら見つかりません。ふと、家の周りをうろついているバニーちゃんが脳裏を横切ります(笑)

ま、結局スノー・シュー・ラビットは見つかり、さいわい近所のバニーちゃんを捕まえに行くこと無く巻くことが出来ました。(夏毛なのでどちみち違うんですが)

P8071896.jpg

でどんなフライかというと、なんてことは無い、エルク・ヘア・カディスのスノー・シュー版です。数年前から取沙汰されているスプルース・モスにもいいパターンです。

自然のものですから当然なのですが、毛足の長さがかなりまちまちなのでちょっとコツがいります。

普通エルク・ヘアや、ディア・ヘアなどはアンダー・ファーをきれいに取り除きますが、スノーシューの場合はすべて取り除くのは困難ですし、せっかく切り出した束がスカスカになってしまいます。軽く取り除いて、写真のように色の変わっている部分にスレッドを掛けて取り付けるほうが、抜けにくくていいと思います。

加えてスタッカーでスタッキングするほどの長さが無い部分を使う際には、切り出したらなるべく持ち替えずに取り付けましょう。

スレッドを数回巻いてある程度止めた後に、くしを何度か通して綿毛を取ります。それからもう一度スレッドを何度か巻いて確実に止めます。

P8071900.jpg

あと1ダース巻かないと・・・

と、あせりつつも、こちらもご紹介。

P8071907.jpg

スノー・シューのスパークル・ダンです。

これはなかなかよく効くフライです。特に毛足の短いものはこれくらい(#20)のフックに巻いたベイティスのパターンにぴったりです。

これも色の変わっているところで巻きとめます。ふわふわした部分はボディに隠れてしまうので気になりませんね。

カディスは多めに、ベイティスは少なめに取り付けるのがコツですよ。

P8071903.jpg

最近は夕方に必ずサンダーストームが来ます。涼しくなってとても快適です。

P8051884.jpg

これは昨日帰りに車の窓に止まっていたベイティス。
  1. 2009/08/07(金) 07:48:36|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Mallard's Rest~Carter's Bridge

船、浮かべてきました。

今日は町の南、マラーズレストからカーターズブリッジまで。イヤー渋かった・・・笑

今日の船頭さん(私ですが・・・)曰く、
「イヤー、昨日までは良かったんだけどねぇ。お客さん(ディーンですね)運が悪いよ、ハハハ」

まあ実は昨日とは打って変わって寒い曇り空。おまけにアップストリームの風がビュービュー。最後の締めはサンダーストームときたもんだ。魚はまったく上を見ていませんでした。

まあでもこんな時にはちょっと沈めてやればOKで、フェザーウイングのウエットフライで3匹ゲットですわ。

サンダーストームの後、船を上げるちょっと前に、岸沿いを流していたカディスにゆーっくりと出てくれた虹鱒が本日最大の17in。

で、写真はどうしたのよってことですが、メモリーカードの破損で今日は無しです。

今日のプーキーも笑える写真があったんですけど・・・

P7151056.jpg
  1. 2009/08/06(木) 13:45:07|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

Hopa-Hopa-Hopper

今日はどのガイドも興奮してリポートを送ってくれました。

どのセクションでも1日中ホッパーで釣れまくりだというんです。一人が言ってるんなら眉毛に唾塗って聞かないといけないんですが、みんながそういうんだから話半分でも半日はホッパーにボコボコ出てるということか?

とりあえず明日ボート浮かべてきます(現金な・・・笑)

それはそうと、こんなにホットなホッパーですので、今日はタイイングなどを少し。

P8051866.jpg
P8051867.jpg
P8051868.jpg
P8051869.jpg

ここまではプーキーと一緒。

P8051870.jpg

次に、色違いのフォームに小さな穴を開けてアイ側から通します。もう一つの方法としては、ちょっと邪魔になって巻きにくいかもしれませんが、最初にこっちのフォームを針先から通しておいてもOKです。

P8051872.jpg

一番アイよりのお団子のところで巻きとめます。

P8051873.jpg

ぎりぎりでカット。ちょっと引っ張りながら切るとうまく行きます。

P8051874.jpg

またちょっと色の違うフォームを用意して、最初に巻いたフォームに瞬間接着剤を使ってくっつけますが、一番後ろ側だけくっつければOKです。

P8051875.jpg

後ろまでまいたら、前にスレッドを戻してきます。ボディの上にバッテンが出来るように巻き戻してきます。

P8051876.jpg

ここにアンダーウイングのCDCやディアヘアなどを取り付けます。

P8051877.jpg

オーバーウイングを折り返します。この後ラバーレッグとインジケーターを取り付けます。

P8051878.jpg

オーバーウイングを折り返す前にラバーレッグを取り付けておく方法もあります。こうするとレッグが抜けにくくなります。

P8051880.jpg

下から見るとこんな感じ。なんとなく、よりバッタらしいかも?

P8051881.jpg

完成! 頭の四角い感じが気に入ってます。

他にも前に紹介したようなからみにくくしたものや、CDCをインジケーター代わりのウイングにしたものなど、今日紹介した巻き方を覚えておけばいろいろ巻けます。

皆さんも自分なりのフォームホッパーを作って楽しんでください。
  1. 2009/08/05(水) 14:40:15|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

crane flies

しょっちゅう見かける虫ですが、大きいのや小さいのいろいろいます。日本で判っている(学名がある)だけで約700種類、判っていない種も合わせると2000~3000種(かなりアバウトですが・・・)いるそうで、それだけ身近な虫なのかもしれません。

P8153170.jpg

去年の8月下旬、ワイオミングのフラットクリークで撮ったガガンボです。これはかなり大型。

P8041830.jpg

これじゃないと食わないってことは無いと思いますが、一応巻いておかないとね。

ロングシャンクのドライフライフックがあるといいですね。ボディが長いからといってフックサイズを大きくすると重くなってしまうので、軽いロングシャンクフックがほしいところ。ボディは案外細いので、ターキーバイオットでOKでしょう。

ヘンハックルを取り付けて、ソラックス部分にダビングを少々、CDCのファイバーを適当な本数むしって取り付けて完成。

簡単に出来て、案外効くフライです。いろんなサイズを巻いて持っておいてもいいかもね。

~今日のプーキー~

大体店の中でいびきをかいて寝てることがほとんどですが、たまにこそっと店を抜け出してどこかに遊びに行くプーキー。

P8011784.jpg

何をしてきたかばればれの顔です(笑)

誰かの昼ごはんのおすそ分け?

P8011789.jpg


「プーキー!!」、こういうときは名前を呼んでもそっぽ向いています。犬にも後ろめたいという感情があるのかなあ?

すました横顔ですが、口の周りが汚いぞ(笑)

P8031826.jpg

こちらは、昨日活躍したほうのプーキー。ミント味です。

ピンクプーキーなんて名前にしたもんだから、ピンクのフォームがよく売れるのはいいんですが、他の色が売れなくなっちゃいまして。

このミントグリーンもその一つ。で、ためしに巻いてみたら、ピンクやピーチよりも反応がよかったようなそうでないような・・・

結局フライって思い込みが大事で、つれると思って使い続けているとよく釣れるフライになりうるってことでしょうね。

P8041853.jpg
P8041852.jpg
P8041841.jpg
P8011806.jpg







  1. 2009/08/04(火) 08:05:42|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Springdale~Gray Bear

今日は、少し早めに出発してスプリングデールからグレイベアまでをフロートしました。


View Larger Map

mayfly555さんからのリクエストで、地図を載せました。拡大したり動かしたり、衛星写真などに切り替えてみて下さい。

フィッシングアクセスの位置関係は下をご覧ください。

scan001001.jpg

昼からだとちょっとスローなように感じたので、2時間ほど早く出ました。その読みどおりにボートを下ろしてすぐにヒット。

IMGP0107.jpg

いい調子で釣れましたが、これくらいのサイズの魚だけでした。スーパービッグなのはどこへ行った?

早めに出るという読みはよかったのですが、やはりまだ水量が多くて流れが速く、あっという間にグレイベアについてしまい、結局3時間のフロートでした。これならビッグティンバーまでいけたかも?

今日のプーキー

IMGP0105.jpg

ディーンの出っ張ったおなかとハンドルに挟まれてみうごきのとれないプーキーでした。

IMGP0116.jpg




  1. 2009/08/03(月) 11:53:51|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

89~Springdale 再び

先日のリベンジなるか? またもや89~スプリングデールを下ってきました。

IMGP0103.jpg

気温はそれほど高くはありませんが、日差しは強く、日焼け止めの効果のほどは??? もうすでにシミジジイになってるかも(><;)

IMGP0098.jpg

準備中のオヤジ

でこの後・・・

IMGP0104.jpg

オー、なかなかのブラウン。やるやんけ。しかもそれ、俺のフライやし・・・

私にも釣れましたよ。

IMGP0102.jpg

ニュータイプのホッパー。ウイングには軽いCDCを使っているので、水を含んでもひっくり返ることがほとんどありません。

このフライのウイングは、浮力のためではなくインジケーター代わりなので、なるべく軽い素材がいいですね。エルクヘアなどは水を含むと重くなって、ウイング側が下になることがよくあります。これはこれで溺れたバッタみたいでいいのですが、意図した浮き方ではないのでNG。

約5時間のフロートで、虹鱒4匹、ブラウン2匹、カットスロート1匹。まずまずの結果でしょうかね。ちょっとさびしいけどまあ良しとしましょう。

一度、かなり大きな影がフライめがけて浮き上がってきたのですが、食わずにUターン・・・こういうことがあるから、また同じところを下りたくなるんですよねぇ。

IMGP0097.jpg


  1. 2009/08/02(日) 11:44:59|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。