Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Summer of '09 ~ Ⅳ

P8011782.jpg

P7150168.jpg

P8152252.jpg

P8152242.jpg

P7191352.jpg
P8162364.jpg

P8011779.jpg

P8011792.jpg

P7201519.jpg

P7251662.jpg

P7251672.jpg

P8011780.jpg

P8011796.jpg

P8182497.jpg

P9143703.jpg

P8182631.jpg

P8202909.jpg

P9224137.jpg

P8202897.jpg

P9093541.jpg

IMGP0285.jpg

スポンサーサイト
  1. 2009/09/30(水) 04:54:17|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

a Day in Livingston

P9294367.jpg

P9294360.jpg

P9294342.jpg

P9294348.jpg

P9294338.jpg

P9294359.jpg

P9294347.jpg

P9294355.jpg

P9294343.jpg

P9294362.jpg

P9294370.jpg

P9294366.jpg

P9294373.jpg

P9294363.jpg

P9294352.jpg

P9294349.jpg

P9294346.jpg
  1. 2009/09/29(火) 06:44:05|
  2. photography
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Summer of '09 ~ Ⅲ

IMGP0247.jpg

P7191331.jpg

P7251674.jpg

IMGP0217.jpg

IMGP0354.jpg

IMGP0355.jpg

IMGP0205.jpg

P7301758.jpg

P7191452.jpg

P8051862.jpg

P8031822.jpg

P8122139.jpg

P8132163.jpg

P8152207.jpg

P8122142.jpg



  1. 2009/09/28(月) 12:58:56|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Summer of '09 ~ Ⅱ

IMGP0283.jpg

P7090530.jpg

P7110689.jpg

P7090505.jpg

P7140887.jpg

P7140877.jpg

P7171273.jpg

P7140900.jpg

P7090503.jpg

P7161248.jpg

P7141015.jpg
  1. 2009/09/28(月) 03:29:38|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Summer of '09

P7140908.jpg

P1000011.jpg

IMGP0213.jpg

IMGP0251.jpg

IMGP0180.jpg

P7140971.jpg

P7150166.jpg

P7191471.jpg

P7140955.jpg

P7151178.jpg

P7140988.jpg

P7201481.jpg

  1. 2009/09/26(土) 11:57:18|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Anything for you, Shinobu-chan

ただの猫好きです(^^;)

P8172392.jpg

知人宅の愛猫“しのぶ”さん

P8172378.jpg

名前の由来はちょっと笑ってしまうのですが・・・今回は控えておきます。

P8172377.jpg

ふかふかの毛並みに、

P8172408.jpg

ちょいとユニークな紋様。

IMGP0199.jpg

猫らしくない猫だと近所で噂の“しのぶ”さん。

P8172423.jpg

でも、ついつい頭をスリスリ・・・

P8172417.jpg

着いたその日から仲良しになってくれました。

P8172425.jpg

「客間には、はいっちゃダメ!!」

P8142198.jpg

と、厳しくしつけられている“しのぶ”さん・・・ですが、

P8142200.jpg

私の部屋ですっかりくつろぐ“しのぶ“さん(^^)

P8172404.jpg

P8172418.jpg

P8172419.jpg

P8172382.jpg

帰る準備をしている私が・・・

P8152287.jpg

ちょっと気になる“しのぶ”さん

P8152291.jpg

ドアを開けて荷物を運んでいると・・・

P8172432.jpg

気になるようで・・・ついて来ます。

P8172431.jpg

中に荷物を取りに入ると・・・

P8172434.jpg

やはり気になるようで、またまたついて来ます。

P8172429.jpg

面白いので、写真を撮っていると・・・

P8172444.jpg

椅子の下に引っ込んでしまいました(笑)

P8152290.jpg

あまりのかわいさに、なんでもしてあげちゃいたくなります。

P8172440.jpg

また来年も遊んでね。









  1. 2009/09/25(金) 14:02:15|
  2. cats
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

a mountain stream

今シーズンの釣りのしめくくりは?

P9244193.jpg

オガ爺さんと山岳渓流。

P9244198.jpg

地元の人に教えてもらった小さな川。

P9244194.jpg

釣れる魚も小さいけれど、

P9244192.jpg

こんな豊かな支流があるからこそ、

P9244190.jpg

来年もまた本流の釣りが楽しめる。

P9244202.jpg

人間が居ようが居まいが、来ようが来まいが関係なく、

同じことが繰り返されて、

P9244206.jpg

毎年当たり前のように魚がいる。

これって、すごいことです。

P9244207.jpg

そんな自然の偉大さを、

P9244199.jpg

このモンタナに教えてもらいました。

P9244196.jpg

皆さんもぜひお越しください。



  1. 2009/09/25(金) 04:29:40|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Autumn

とても濃~い、2週間でした。

P9193872.jpg

皆さんと楽しい時間を過ごしている間に、季節はすっかり秋へと移り変わり、

昨日の朝と今朝の気温は0℃。車の窓にはびっしりと霜が降りていました。

P9224152.jpg

山の頂上には雪も積もりましたよ。

P9193863.jpg

数え切れないほどの思い出が、ここに載せきれない量の写真とともに、私の心にしっかりと残っています。

P9204039.jpg

まだ日差しは強いようにも思いますが、写真に写る光の具合が真夏とは若干変わってきているようにも思います。

P9224134.jpg

P9193854.jpg

夏も短いモンタナですが、秋はもっと短く、あれよあれよという間に冬になります。

P9193932.jpg

P9193893.jpg

P9204096.jpg

P9204091.jpg

P9204125.jpg

P9203964.jpg

P9204105.jpg

P9204022.jpg

P9204045.jpg

P9224168.jpg

P9203997.jpg

P9224133.jpg

P9224143.jpg

P9203962.jpg

P9224162.jpg

P9203947.jpg

P9204006.jpg

P9204114.jpg

P9203960.jpg

P9193848.jpg

P9193943.jpg

また、来年もいい釣りが出来ますように。

  1. 2009/09/23(水) 03:35:13|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

YNP, Boulder River, Depuy Spring Creek

さて、どの写真がどの川でしょう?

P9163816.jpg

P9153725.jpg

P9163755.jpg

P9153741.jpg

P9133612.jpg

P9163807.jpg

P9163825.jpg

P9133688.jpg

P9133691.jpg

P9163822.jpg

P9123576.jpg

P9163798.jpg

P9123585.jpg

P9123603.jpg

P9133623.jpg

P9133695.jpg

P9133650.jpg

P9123593.jpg

P9163773.jpg
  1. 2009/09/17(木) 05:55:40|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

Slough Creek & Lamar River (again)

このところちょっと冷えるので、マホガニーダンなんぞを巻いていると、

「明日は曇りでところどころ雨も降るらしいよ」と、ニューヨークから来ている友人からの情報がはいります。さすが、短い休暇を余すところなく楽しむには天気のチェックは欠かせないといったところでしょうか、住んでる私たちよりも良く知っています(笑)

寒くて雨降りっていうことは、ベイティスのブランケットハッチが見られるかも?(←取らぬ狸のなんとやら・・・)

「よし、明日はも一度スルークリークだ!!」

P9093500.jpg

ガハハ、やはり“取らぬ狸のなんとやら”でした・・・

雲ひとつないやんけっ!!

P9093498.jpg

でも気温が低かったので、ブランケットハッチとはいかないまでも、つりやすい程度のハッチ量でした。

ドレイクのハッチも多からず少なからず。魚の興味を十分に引く量で、とてもつりやすい状況でしたよ。

P9093529.jpg

リッフルの中で捕食している連中はさほどシビアではないものの、ど、どフラットで、水深30cmほどのところでライズしているやつらは忍野のヤマメ並みにフライを良く見ています。

やはりドラグフリーって大事ですねぇ。いまさらながら・・・

P9093518.jpg

P9093555.jpg

P9093515.jpg

P9093526.jpg

この日のイブニングもラマーリバー。

P9093553.jpg

前回からまだ1週間も経っていないのに、この日はマホガニーが主食でした。前回はピンクレディだったのに。

これで色の識別はともかく、白っぽいか黒っぽいかは識別してるのが分かりますね。流れの中なのに良く見てるなぁと、感心します。
  1. 2009/09/10(木) 11:36:30|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Cutthroat Trout

カットスロート集です(若干カットボーも混じってます)

P9053371.jpg

P9053324.jpg

P9053403.jpg

P9053330.jpg

P9053408.jpg

P9053415.jpg

P9053447.jpg

P9053443.jpg

P9053391.jpg

  1. 2009/09/07(月) 14:26:25|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

Parachute Type Flies

コメントでの説明が不十分だったかも?と思って写真付きでチョコっと説明します。

パラシュートタイプの場合、魚がどのように思って食ってきているかは別として(笑)、ダンとして巻く場合は通常の大きさのハックル。スピナーとして巻く場合は1~2オーバーサイズのハックルを巻いています。

尚且つ、パラシュートポストの取り付け位置ををダンの場合はアイからアイ2つ~3つ分後ろに、スピナーの場合はアイからアイ1個分後ろに取り付けています。つまりダンの場合は後ろ寄りに、スピナーの場合は前寄りに取り付けています。

ハックルの大きさについて言う場合、この“通常の大きさ”というのが人によって違うので、伝える場合ちょいと難しいのですが、前述のパラシュートポストの位置も考慮したうえで聞いてもらえると判りやすいと思います。

通常のパラシュートの場合(主にダンとして考えて)、ハックルファイバーの長さがボディと同じ位。スピナーとして巻く場合はボディよりもやや長い位。
つまり、スピナーの場合はハックルポストを前寄りに巻いている分、通常のハックルよりも1~2サイズ大きなものを使うことになります。


P9073474.jpg

ダビングする前だと、わかりにくいのですが、大体アイからアイ2つ分後ろにパラポストを取り付けます。

P9073475.jpg

出来上がりはこんな感じ。ポストが大体アイ2つ分後ろにあるのがわかると思います。

後ろに出ているハックルファイバーの長さは、大体ボディと同じくらいです。

ハックルの厚み(巻く量)については使う状況に応じて多くしたり少なくしたり調節してください。

P9073481.jpg

スピナーの場合。ほとんどアイの根元についているようですが、

P9073483.jpg

出来上がってみると、大体アイ1つ分後ろにあります。

ファイバーはボディよりも長めです。2サイズくらい大きなハックルを使っています。

P9073485.jpg

ファイバーを後ろに撫で付けてパラシュートポストとフックのアイの部分を利用して八の字巻きにして後ろ向けに広がるようにして巻いています。

ハックルの巻く量についてはなるべく少なめに、回転数でいうと2回くらいですが、ポストの太さや、ハックルのメーカーによっても違ってきます。

最初に書いたように、魚がどう思って食べているのかは別です(笑)。人に伝える場合の基準となるように“一応”このように巻いています、というくらいに考えてください・・・(^^;)
  1. 2009/09/07(月) 03:06:45|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Slough Creek & Lamar River

今回は写真中心で

P9053295.jpg

風も無く、穏やかな1日。

IMGP0297.jpg

P9053347.jpg

逃げろっ!!

P9053348.jpg

へへへ

P9053349.jpg

でかそう・・・

P9053359.jpg

おお、いいサイズ。

P9053360.jpg

逃げろッ!!

P9053299.jpg

Echo Geckoでのファーストフィッシュ。20インチオーバーにはちょいとパワー不足でしたが、ちゃんと取り込めましたよ(^^)

P9053441.jpg

P9053446.jpg







  1. 2009/09/06(日) 00:28:18|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Hares Ear

ただ単にヘアズイアって言うと、ニンフが有名ですね。

でも今回はドライフライの、ヘアズ・イア・パラシュートです。

どこの誰が考えたフライなのかは知りませんが、私が使い出したのは、ディーンと初めて会った年でした。

P9033284.jpg

水を吸うので、どっちかって言うとニンフ向けのダビングマテリアルではありますが、それをいまさらながらドライに使ってやろうという意気込みがニクイ一品です。

昔からフォックスだったりウサギだったり、化繊のダビング材が普及する前は、このようなナチュラルファーをドライフライにも良く使っていたんですね。というかそれしかなかったからでしょうね。

アダムスでもいいじゃない?って、思うでしょ?私もそう思っていました。

でもね、私にとってはこっちのほうが釣れるフライなんです。

実際ディーンにも「アダムスでええやん 」って言いましたが、あまりに勧めるので、買ってみたんですね。そしたら確かに良く釣れるんです。

なぜでしょうね?

それ以来好きなフライの一つになってます。

P9033286.jpg

バイオットのボディも好きですし、ハックルステムのボディもいいですね。でもダビング材だからこその質感を楽しむのもいいかも?

バイオットの利点は細く早く巻けることですね。ダビング材でも基本的には細く巻くんですが、なぜかこのフライはポッテリ巻いたほうが釣れる気がするんです。多分私だけだと思いますが・・・笑

釣れなかった理由を考えて、フライを工夫したりして次につなげるのも大事なんですが、何故釣れたかを考えるのもそれ以上に大事ですよね。

釣れてしまうと、「ホーレ、思った通りやん」って自己満足してしまいますが、それほんとに思ったとおりだったのかな???

ストマックサンプルを取ってみると・・・(__;)・・・ってこともありますわな

とりあえず使ってみてください。

で、何故釣れたのかを私に教えてください(笑)

P9033279.jpg

どうもセンサーにほこりがついたみたいで、左上あたりに黒い丸が写ってしまいます。オリンパスのごみ取りは世界一だと思っていたのですが、がっかりだなぁ。
  1. 2009/09/03(木) 15:11:11|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

a nice encounter

まー、こいつは釣りばっかり行って、ホンマに道楽もんやで。

はいスンマセン、道楽もんです。

でも、道楽もんでも働かなあかん時は働くんですよ。うそみたいですけど。

Night Owl の私は、もっぱら店を閉めた後にタイイングします。 このほうが集中できますからね。

P9013276.jpg

注文が入るときはなぜかまとまって入ります。一気に巻くことが出来るので良いっちゃ良いんですけどね。

ちょっと間に合いそうも無いので、今日は朝からタイイング。

すると、「これ、巻いてくれたらうれしいんだけどなぁ」なんて、年配のお客さんがやってくる・・・

するってーと

「巻いてあげなあかんなぁ」、ってことになって。どんどん忙しくなっていきます。

----------------------------------

で、そんなところにヨーロッパ訛りの英語を話すご家族が来店。日曜日の午後に開けてるフライショップはうちぐらいですからね。
「この近くで子供でも安心して岸から釣りが出来るところは無いですかね?」

「ありますよ」
って、3箇所ほど教えてあげあげます。

すると、
「ひょっとして、日本人?」

「ええ、そうですよ」

「私たちは先日、日本に行ってたんですよ。そこからハワイを経由して数日前にアメリカに来たところです」
彼らはデンマーク人で、子供たちが空手をやっていてその試合のために日本を訪れていたそうです。

「どこか観光には行きましたか?」

「京都に行きました」

「本当!?。私の生まれ故郷ですよ、京都は」
ってなことで話が盛り上がり、夕方彼らに釣り場の案内をしてあげることとなりました。

P8303248.jpg

あいにく風が強く、肌寒かったのですが、お兄ちゃんのほうは、始めて間もなく虹鱒を釣りました。

P8303253.jpg

弟くんのほうはというと、とても人懐っこくて、一応竿は振って、フライを流してはいるのですが、どっちかってーと釣りそっちのけで、話に夢中。いろんなことを話してくれました。

いかに京都が楽しかったかとか、京都の人たちがとても親切で感激したとか、どこどこのお寺の庭には感動したとか・・・

で、次は何を話すかと思えば、デンマークの政治経済や、抱える問題など。およそ子供の口から出てくるとは思えないディープな話をするんですね。40越えた釣り馬鹿オヤジに・・・笑

P8303255.jpg

P8303258.jpg

結局弟くんには釣れませんでしたが、終わりにこんなことを言ってくれました。

「いろんなことを教えてくれてありがとう。今日はあなたから多くのことを学びました。本当にありがとう」

なんて礼儀正しいんでしょう。武道をやってるからか?デンマークの人たちはみんなこんなに礼儀正しいのでしょうか?親御さんのしつけがいいということもあるのでしょうね。

釣りを終えて彼らのキャンピングカーに戻り、一緒に食事でもどうと言われたのですが、まだタイイングが・・・ってことで、飲み物だけいただいてすぐにおいとま・・・する・・・つもりだったのですが・・・
ここでも弟くんの話し好きが炸裂・・・笑。 たけしの座頭市が面白かったとか、他にもいろいろ。

子供たちには魚と卵のアレルギーがあるので、京都ではキッチンつきのコンドミニアムのようなところに泊まったそうです。

東京は食事に行っても英語のメニューがあったり英語を話せる人がいたりするのでさほど問題ではなかったそうですが、京都ではそのような店は無かったそうです。買い物に行っても食材に英語での説明が無いのでやはり困ったそうです。

う~ん、地元なのにまったくお恥ずかしい限り・・・と思っていたら、

「でも、みんな親切だったんですよ」とお母さん。

「たまたま声をかけた人が英語が話せない人だったのですが、その人が英語を話せる人を探してきてくれたんですよ。その人だけでなく、尋ねた人みんなが、同じように話せる人を探してきてくれたんです。隣の人に聞いてくれたり、隣がダメならビルの2階の人に聞いてくれたり、2階がダメなら3階の人と言う具合に、話せる人が見つかるまで」

京都は観光の町なのに国際的ではないと言うのを聞くたびに残念だなあと思ってましたが、こんなに人情味が残っていたとは、うれしい話です。

日本人とデンマーク人がモンタナの片田舎のリビングストンで京都の話で盛り上がると言うのもおかしな話ですが、こんな出会いが出来るのもフライフィッシングをしていたからなのかなぁ?としみじみ思いながら、今はタイイングに追われています。

思いがけず、素敵な出会いでした。

P9013275.jpg

今日はホワイティングが入荷しました。

今回はほとんどが売り物です。自分の注文したものは・・・バックオーダー・・・
  1. 2009/09/01(火) 07:29:38|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Missouri River

2週間の長旅の疲れも取れないまま、2日間イエローストーンをフロートし、疲れが倍増したところで今度はミズーリです(笑)

P8273103.jpg

ボーズマンの西にあるスリーフォークスで、ギャラティン、マディソン、ジェファーソンの3つの川が合わさってミズーリリバーになります。

そこからキャニオンフェリーレイク、ホルターレイクを経てホルターダムの下流が皆さんも良くご存知のいわゆるミズーリリバーです。

上流部分にもフィッシングアクセスがあり、もちろん魚も多くいますし釣りも可能ですが、夏ならばやはりホルターダムの下流でトライコの釣りって言うのが王道ですね。

上の写真はホルターダムです。

scan001001.jpg

リビングストンから約2時間半。

日帰りできない距離ではありませんが、やはり2,3日かけて釣るのがお勧めです。

初日はホルターダム~クレイグ、2日目はクレイグ~マウンテンパレス、3日目はまたホルターダム~クレイグをフロートしました。

IMGP0234.jpg

船をおろして5投もしないうちにこのブラウン。

P8273111.jpg

ミズーリ恐るべし。

IMGP0229.jpg

まもなく2匹目

IMGP0239.jpg

今度はレインボー

ワーリングディジーズで、一度はいなくなりましたがもう心配ないようです。虹鱒のいない間にブラウンの天下になったみたいで、私が釣った魚よりも数段大きな魚が船に驚いて逃げていくのを何度も見ました。

P8283153.jpg

ベイティスなみに小さいですが、ヒラタカゲロウ。

P8273123.jpg

トライコ、メスのダン

P8273134.jpg

トライコ、オス。脱皮中

P8273128.jpg

トライコのほうが、ベイティスよりも大きいとは・・・

メイフライの写真を載せていますが、上の2匹はホッパーで釣れました(笑)

IMGP0253.jpg

IMGP0250.jpg

  1. 2009/09/01(火) 01:47:37|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。