Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

雪とパラシュート

いや~、降りましたね。

もうじき3月というこの時期になってやっと冬らしいというのも変ですが、雪が降るといまだにわくわくしてしまう中年オヤジも変っちゃ~変ですわな。

P2275727.jpg

P2275739.jpg

P2275746.jpg

近所の公園には人っ子一人いませんでした。

P2275826.jpg

鴨も寒そうにしてました。

DSCF1308.jpg

DSCF1309.jpg

ご注文いただいたアダムスパラシュート。

何本も同じ大きさのフライを巻くときにサドルハックルは重宝しますね。最初に多めにケープから抜いておいて、#14用、#16用、#18用と、大まかに袋分けしておくと便利です。大体サドルケープの場合、フック3サイズ分くらいの違ったサイズのハックルがとれるはずです。

アダムスや、グレイフォックス用には、使う色2色共一緒に袋に入れておくとすぐに巻き始められます。

ケープの端っこの方からとれるハックルは、左右のファイバーの長さが極端に違うものが多いのですが、こういう場合は使いたい方(ファイバーの長さ)の側を残して、片方をむしってしまいましょう。パラシュートの場合、ウィップフィニッシュの方向さえ気をつけていればどちら向きに巻きつけてもかまわないので、むしった側が内側に来るようにポストに巻きつけると綺麗に巻けますよ。薄く巻きたい場合にはこういう方法もいいですよ。

DSCF1310.jpg

余談ですが、私はバジャーみたいにストークが黒いハックルが好きみたいです。 ブラウンもただのブラウンではなくて、ファーネスと言われている芯の黒いハックルが好みです。

あ、そうそう、ストークで思い出しましたが、#20以下のパラシュートを巻く場合、ミッジサドルの良いものが手に入れば言うことないのですが、ストークが太いものも多いので、サドルではなくネックを使った方がうまくいくこともままあります。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/28(土) 01:14:56|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついに3月ですね | ホーム | ハンドクラフト展2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/204-b6ec8042
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。