Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Tips for recovery

DSCF1712.jpg

うちの奥さんがはってくれました、パソコンデスクの横に。大変ためになります。ありがたや。

DSCF1713.jpg

いや・・・そ、それは・・・無理です・・・

DSCF1715.jpg

で、今日も1本!

それと、今日の1本はこれ。
タカさんから頂いたRIRのストークを使った1本。

DSCF1700.jpg

ちょっぴり酔ってみます。
いや、寄ってみます。

DSCF1701.jpg

ストークボディは巻き始めが肝心。最初の一巻きが割れずにいけばもう成功したも同然。

それと、古くなって乾燥気味のハックルケープ(今回もらったやつも20年もの?って位古いものでした)。ストークの色が最高で、捨てるに忍びないって時には、洗っちゃいましょう。

シャンプーしてからトリートメントします。ダメージヘア用ってのがいいでしょう。冗談ではなく本気ですよ。洗った後は、古い電話帳にはさんで水気を取ってから陰干しします。
そーすると、この写真のようにつやのあるボディが、ささくれることや割れることなく綺麗に巻けます。

先日の福島釣行でも活躍したフライです。ストークボディってとっても信頼してます。

フライタイイングが、私にとっての“One of the tip for recovery”でした(笑)


スポンサーサイト
  1. 2009/04/30(木) 00:20:42|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<back in business・・・pretty soon | ホーム | いや~まいった・・・>>

コメント

このRIRは結構いい色でしょ、ストークの太さもしっかり有るしね。
後で正確に計算したら、ハックルケープは25年以上前に購入した物でした。四半世紀以上前の物、ワインだったら結構なヴィンテージ物となるのでしょうか?
しかし、これほど古くてもハックルストークって色も抜けずに案外に使える物ですね。(私は気にせず手入れもせずにそのままで使っています。)

 今年は久々にこのRIRを使って新しいパターンを作って試して見ているのですが、昨日もN川で見事に完封され連敗記録を更新中であります。
しかも、フロロのティペット3巻を川に流す始末。(4Xはその日に買った新品)

例ロッドはなんだか呪われているような気がしています。

では、シッカリ養生してください!!

  1. 2009/05/01(金) 10:54:09 |
  2. URL |
  3. T #-
  4. [ 編集 ]

>Tさん

いや~、重宝してます。ありがとうございました。
時に、N川って??? 結構すれてるんでしょうかね?
福島では結構良かったですよ^^)

痛み止めでごまかしてたのが災いしたかもしれません。今回ばかりはしっかり治します。
治ったら、お祝いかねてどこか釣りに行きましょう。前に言ってた荒尾なんかもいいっすね(懲りてない?・・・笑)
  1. 2009/05/02(土) 01:23:23 |
  2. URL |
  3. kawkoi #-
  4. [ 編集 ]

日本語

最近年のせいか変な日本語を見ると指摘したくなって困ります。最初の写真の中の文、「お気をつけてください。」って変ですよね?「お気をつけください。」または「気をつけてください。」かのどちらかだと思いますがどうでしょう??
  1. 2009/05/09(土) 14:21:46 |
  2. URL |
  3. yokoyam3 #-
  4. [ 編集 ]

>yokoyam3 さん

あはは、確かに、おっしゃるとおりですね。しっかり読んでなかったので気づきませんでした。ホント何かがちょっと余計ですよね。

私も気になりだしたら、結構気になるんです。たまにテレビに向かってつっこみ入れてますから(笑)。

ちなみにこれはうちの嫁が書いたのではなく、ネットで見つけたものだそうです。私も嫁も怪しい日本語(関西語?)をしゃべりますけど・・・笑
  1. 2009/05/12(火) 01:20:48 |
  2. URL |
  3. kawkoi #-
  4. [ 編集 ]

こういう細かいところにこだわるのって、フライフィッシャーマンの性根かもしれませんね(笑)奥様が書かれたのではないことは分かってましたよ。
最近こっちにいる若い日本人が寿司屋でアルバイトしていて、お酒を頼んだ際に「熱燗にしますか?冷や燗にしますか?」と聞かれて思わず突っ込んでしまいました。「冷や燗」なんていいませんよね~。「燗」自体、漢字に「火」が入っていることからも分かるように、これは暖めた酒のことで、その度合いを示すため、すごく熱いか(熱燗)ぬるめか(ぬる燗)と云う風には言いますが、「冷や」は「冷や」で燗という字とは組み合わせませんよね~
  1. 2009/05/13(水) 03:30:55 |
  2. URL |
  3. yokoyam3 #-
  4. [ 編集 ]

>yokoyam3 さん
そうですね。たしかにフライフィッシャーの性かもしれません。でも、細かいことにこだわるって、だいじなことですよね。

“冷や燗”ってのは上出来(笑)ですね。
先日、テレビ番組のコメンテーターが、飲み屋での出来事を語ってたんですが、店員に「冷にします?燗にします?」と聞かれ、「生で持ってきて」と言うと、「うちは冷か、燗しかありません。“き”は置いてません」と真顔で言われたそうです(笑)
  1. 2009/05/13(水) 11:53:27 |
  2. URL |
  3. kawkoi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/214-ce19511c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。