Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダビングボディ

バイオットボディときたら、ダビングボディ・・・ 「ほ~ら来た」と思ってる方もいるかもしれません(笑)

ダビングボディって、タイイングを教えてもらう時に一番最初に習うんじゃないかっていう位ベーシックですが、綺麗に巻こうと思うとこれが結構難しい・・・
つまりこれがきっちり出来る人は基本がちゃんとしてるということになりますよね。

佐藤成史さんのフライがいい例です。 あんなに綺麗にドライフライを巻く人を私は他に知りません。 基本テクニック踏まえたうえでの工夫の数々は、釣りがほんとに好きで、散々釣りをしてる人だなと思います。 

さて、ダビングボディでしたね。

とはいっても、改めて私が書くまでもなく、ドライフライの巻き方なんて、雑誌やビデオなんかで散々紹介されてるのでとってもおこがましいのですが・・・
 
ボディをダビングで作る場合には、バリエイションとしてこんな方法もありますよ、っていう程度ですが少々お付き合いを・・・

お題は、‘補強マニア?のダビングボディ???’

通常はテイルやウイングをつけて、ボディを巻いて・・・って感じで後ろから前に作って行きますので、ハックルを巻くのは最後になります。

これはボディを最後に作るという方法です。 ダビング・ボディならではです。 先端と根元でファイバーの長さが違うハックルを使う場合には特に良いと思います。

ウィングとテールの取り付け

ウィングとテールの取り付けは通常通りです。

ハックルの取り付け

次にハックルを2枚、ウィングの前に取り付けます。

1枚目のハックルをほんの少しだけ間を空けて巻いていきます。 2枚目はその隙間を埋めるように巻きます。 ハックルを前後にゆすりながら巻き進むとうまくいきます。 ホワイティングなどの高級ハックルですと、そんなに苦労しませんが、1枚目のハックルをあまり間をつめすぎて密に巻くと、2枚目を巻いたときにうまくファイバーが立ちません。 もっとも、あまりボッテリ巻きたくない場合の話で、ハックルを厚く巻きたい場合はこの限りではありません。 びっしり巻いちゃってください。

ハックルを巻き終わったところ

ハックルを巻き終わった時点で、ある程度ボディにテーパーが出来ているのが理想です。 少しの凹凸は、つめなどで修正しておきます。 ひどくでこぼこしているとダビング材で修正するのは大変です。 ボディは、1往復で出来上がるのが理想です。

なんとかうまくテーパーが出来ました

ここで、一度ウィップ・フィニッシュしておくと良いです。 (余談ですが、この時点ででウィップ・フィニッシュして終了すると、‘No Head Fly’になります) 
ボディが出来たら、ボビンを時計回りにスピンさせてスレッドによりをかけ細くしてから、ハックルの中をアイ方向に巻き進んでいきます。 このときもボビンを前後にゆすりながら巻くとハックルファイバーを倒さずに巻けます。 この行程が補強になります。 アイまで行ったらも一度ウィップ・フィニッシュ。

ハックルは前から後ろにまいていますので、同じ方向にスレッドを巻いても自動的にカウンター・ラッピングになっているというわけです。

できた!

この方法だと、インド・ハックルなど、先端のファイバーよりも根元のファイバーが長いハックルでも苦にならず巻くことが出来ます。 それに、せっかく2枚巻くのだったら色違いのハックルを巻いてもいいですね。 (あれっ?!、ハックルの話になってきてる?)

使用可能な部分があまり長くないインド・ハックルなら、3枚巻くという手もあります(前に2枚と後に1枚まき留めます)
その場合の手順は
1枚目は、前から後ろにまく→スレッドをアイ側に移動→2枚目は後ろのハックルをアイ側へと巻く→スレッドを後ろに移動→3枚目は、前に残っているハックルを後ろへと巻いていく
そのあとは上のフライと同じ手順になります。 1枚巻くごとにスレッドで補強していくことになりますので、とっても頑丈です。 (注:補強マニアです)

もしアイで留めたスレッドがほつれても、ハックルまではバラケてきません。

これはインド・ハックルしかなかったころの苦肉の策・・・というわけではなく、ウルフ・パターンなどの、ハックルを厚く巻くフライなどに使える方法です。 (あ~、やっぱりハックルの話になってきてる・・・)

フライの前側のハックルが長く、後ろに行くに従い緩やかに短くなるように仕上がりますので、バランスも良いです。 

メッツ好きにはたまらないバランスです。 

結局ハックルの話でしたね・・・(ハックル・マニアでもあります)

お後がよろしいようで・・・ (くっ、苦)
スポンサーサイト
  1. 2007/04/05(木) 22:06:19|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<お手軽? | ホーム | バイオットボディ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/32-80803efc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。