Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Echo by Tim Rajeff

“Echo”~Tim Rajeffという人が立ち上げたメーカーで、2年ほど前から売り出されたフライ・ロッド。

20070206063147.jpg

最近は、“安かろう”でも“良かろう”な道具が多く売られていて、この“Echo”はその中でもダントツで良いんじゃないかと思う。  この値段だから、リールシートはチト安っぽいし、グリップもかっこ悪くて(あくまで私的な感想)コルクもあまりよくない。 でも結局今ではこの竿を使うことが多くなってきた。

2年前の夏お店でオヤジと話していてこのロッドの話題になった。
「エコーっていうロッド知ってるか?」
「フィッシングショーで出てたやつでしょ。えらく安いよね?」
「今度入れるから、使ってみろ」
「ハーイ」
最初は予備ロッドのつもりでまったく使ってなかったけど、不慮の事故でそれまで使っていたG-loomisが折れてしまい、修理に出している間使ってみることに。  ちなみに折れたのはGL3の4ピース。 しかしもう生産していないので、約$80で現行のMetoliusに交換してくれた。

GLXに比べたら重いけど、GL3よりかは幾分軽く感じる。 キャストしてもルーミスと変わらないように思う。
「これ、ええやん」
ってことで、めでたくメインロッドに昇格。

今ではダブルハンドもコレを使っていて、かなりのお気に入り。  ところが先に書いたようにグリップがいけてない。 で、ちょっと手を加えて更にお気に入りにしようと目論む。
グリーンのEchoは、ゴムのワインディング・チェックを取り去って、グリップを15mmほど短く、目指すはR L Winston風?  8'#4はメタルのチェックにして、9'#5はスレッドの巻上げに。
ワインレッドのEcho2はメタルのチェックなので、コレはそのまま使うことにして、グリップをこれも15mmほど短くしてみた。 フック・キーパーも小径のリング状のものに変える。 
というわけで出来上がったのがこの写真。

DSCF2774.jpg

コレでかっこ良くなったと思っているのは自分だけかも?  そのままでも使用に差し支えるわけでもないし...でも、前よりも愛着は出てきたかなぁ? 
自己満足レベルのお手軽リメイクでした。
スポンサーサイト
  1. 2007/02/06(火) 12:01:40|
  2. tackles
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<毛鉤作り | ホーム | ガウスさん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/5-586ba2e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。