Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アント~続き

養沢で使用したフライです。

エルクウィングアント


エルクウィングアント2

エルクヘアカディスでもよさそうなものですが、 明らかにこちらの方が釣れました。 蟻っぽくくびれを強調しているところが大きな違いでしょう。 実際の蟻は頭部、胸部、腹部の3つに分かれていますけど、一番の特徴はぷっくりとした腹部。 これがいわゆる“捕食トリガー”なんでしょうね。 

CDCアント

こちらはIさんに使ってもらったCDCアントです。 ウィングにCDCとグース・バイオットを使っています。 やや遅い流れでも使いたいので、ハックルも少なめにまいています。

ついでにライツ・ロイヤルなんぞも。

Wright’s Royal

こちらはカーブド・シャンクに巻いたCDCライツ・ロイヤル。

CDC Wright’s Royal


後から見るとこんな感じ

ピーコックを巻くときですが、細く巻きたいときはフリューが重ならないように巻いていきます。 一方、アントのようにぷっくりとしたボディにしたいときには何往復か巻いてボリュームをだします。 ピーコックの根元部分はフリューをこそぎとって、ストリップト・ピーコックとしてよく使いますよね。 つまり幅が広いので、重ねて巻いてしまうと先に巻いたフリューをつぶしてしまうことになります。 何重にも巻く際には先端寄りの細い部分を使うとうまくいきます。 何本かを束にして、スレッドとともに撚って巻くという方法もあります。 この際にも先端寄りの細い部分を使ってやるとうまく出来ます。
  
重ねて巻かない場合の例


ボッテリと巻いた場合

ぬれてもボリュームはあまり変わりません。 最近では形状記憶ピーコックなんていうのもありますが、私はまだ使ったことがありません。 ぬれても形が変わらないんでしょうか? ちょっと気になるマテリアルですね。

ハード・シェルのパラシュート・タイプ

他にもパラシュートタイプなども使っています。 

アント・フライも奥が深いものです。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/14(木) 20:03:31|
  2. fly tying
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<バッタ | ホーム | アント>>

コメント

こんにちは!
名前も見た目も格好いいライツロイヤル
こんなフライで尺山女釣ってみたい…
  1. 2007/06/15(金) 12:27:57 |
  2. URL |
  3. I #-
  4. [ 編集 ]

Iさん、こんにちは

テレストリアルはこれからが楽しいシーズンです。 じゃんじゃん巻いて、じゃんじゃん釣っておくんなまし。
  1. 2007/06/15(金) 13:02:55 |
  2. URL |
  3. kawkoi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/53-eb9097c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。