Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

フロート・トリップ

店をディーンの娘さんに任せて、今日はイエローストーンをオヤジ&プーキーそして私とでボートに乗って下ります。 前半はオヤジが漕いで、後半は私が漕ぎます。

20070629193532.jpg

もうすっかりサーモンフライは姿を消してしまってちょっと寂しいのですが、代わりにイエローサリーのスーパーハッチがありました。 大きさはサーモンフライの5分の1位の小型のカワゲラです。

DSCF3963.jpg

先週まで5cm以上もあるでっかい虫を食っていた連中が、今週はこんな小さな虫を夢中になって食ってくるんですから、面白いもんですよね。

ボートからのつりの場合はたいてい岸に向かってキャストしますが、岸ぎりぎりのところほどいい魚がついています。 仮に流れがゆるくても、もしそこが虫が多く流れてくる(もしくは溜まる)場所であれば、一番強い魚=いいサイズのトラウトがついてることになります。 仮に岸際の水深が10cmほどだとしても、緩やかな駆け上がりになっていて、ところどころ岩が沈んでいたりするとしめたもんです。 魚種によって多少つき場が変わりますが、大体ブラウンとカットスロートは岸際がお好きなようです。

20070629195249.jpg


20070629195314.jpg

一応いろんなフライを試してみたものの、結局イエローサリー#14だけで事足りるという状況でした。 ほかにもいろんなメイフライやカディスもハッチしていたんですけどねえ・・・  ピンクレディとカディスパターンでも数匹釣れましたが、いいサイズの魚はイエローサリーでした。

20070629200346.jpg

途中数箇所良いリッフルがあります。 特に水温の上がる夏の時期には、こういうリッフルが良いポイントとなります。 まだそんなに水温は上がっていませんが、岸近くのリッフルには魚が集まってました。

20070629200857.jpg

結局イエローサリーが大活躍で、40cm前後の魚数匹と、30cm前後の魚10数匹、そしてホワイトフィッシュ・・・ん~・・・数えたくない・・・位釣れました。
スポンサーサイト
  1. 2007/06/30(土) 11:32:51|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<フライ | ホーム | Yellowstone River Part2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/62-e8bcd2aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR