Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

朝練

日中は焼けるような暑さですが、気温の低い朝はすがすがしく、とても気持ち良い時間帯です。

店の斜め向かいに“鉄道博物館”があって、その裏庭は芝生が敷いてあり、格好のキャスティング練習場です。

20070708084319.jpg

今日はバンブー2本とグラファイト1本。 左からYoshida Rod 7’6”#4。 同じくYoshida Rod 8’#5。 Winston IM6 8’6” #4。 すべてダウン・ロックのリール・シートです。 アップ・ロックは竿尻がシャツの袖に引っかかり、イライラすることがあってあんまり好きではないんです。

最近はあまりダウン・ロック見かけないですね。 ウィンストンも全部アップ・ロックになってしまったようですし・・・ その点バンブーは、ビルダーにいろいろ注文できていいですね。 大事に使えば一生物ですしそんなに高い買い物ではないかも? 

DSCF4199.jpg

Yoshida Rod 7’6”#4は、日本の小渓流でも活躍する繊細な作りですが、大物レインボーにも負けないバットも持ち合わせています。 でもぎこちない感じはまったく無くて、何処までもスムーズなアクション。 流石です。

Yoshida Rod 8’#5。 とっても信頼しているロッド。もうこれはレインボー・スペシャルって言ってもいいかも?。 スロー・スピードのラインはもちろん、ハイ・スピードの矢のようなループも作れます(もちろん私ではなくて、うまい人が投げればですが・・・) しっかりしたバットは、安心して20inオーバーとも渡り合えます。 実際2年前はこの竿で、ヘンリーズ・フォークの20inクラスを20本ほど手にすることが出来ました。 竿のおかげでバラシが少なかったんじゃないかと思ってるのですが、どうなんでしょうね。

Winston IM6 8’6” #4。 私にとってオールラウンドな1本です。 近所のスプリング・クリーク、国立公園内のスルー・クリークでは、私に数多くの思い出をくれたロッドです。 

20070708084451.jpg

キャスティングを撮ってみましたけど、あまりうまく写りませんでした(笑)

インプレッションは、あくまで私のレベルでの意見ですので、あまり参考にしないでね(汗)
スポンサーサイト
  1. 2007/07/09(月) 00:18:15|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旅に出ます | ホーム | ん~・・・残念・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/71-54324ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR