Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ふぅ~、疲れた

先ほど、ヘンリーズ・フォークから戻ってきました。 3日間の日程でやられまくってきました。

片道3時間くらいですけど、結構距離はありますからぐったりです。 おまけに二晩、オヤジのいびきを聞かされ続けたので寝不足ぎみ・・・

DSCF4234.jpg

今回はボートももって行き、ボックス・キャニオンもやってみました。 ディーンも私もボックス・キャニオンは初めて。 そこで頼もしい助っ人、ウエスト・イエローストーン在住のジミーさんに案内してもらいました。

DSCF4268.jpg

カメラを向けるとすぐにポーズがとれる。 これって大事です。 ジミーさんはキャリア20年のベテランガイドさん。 いつもいろいろ教えていただいてる大先輩です。 奥さんの良子さんにも大変お世話になっています。 あっ、良子さん、サンドイッチご馳走様。 おいしかったですよ。

さてと、釣りですね、釣り。 肝心の。

結果から言えば、ディーンの一人舞台。 さすが、27年のガイド歴は伊達じゃないと、改めて思いました。 確実なプレゼンテーションなどの十分なスキルと、ハッチに合ったフライ。 そして少しの幸運が、すばらしい魚との出会いをもたらしてくれるんですね。 でも本当に大事なことはテクニックや知識なんかではなくて、“釣りそのものをを楽しめる”って事ですよね。 このおっさんはそれにかけては誰にも負けていません。

DSCF4274.jpg


DSCF4275.jpg

しかし、このおっさん、ほんまに釣り好きです。 大きいのが釣れても、小さいのが釣れても、さらに釣れても釣れなくても、いつもハッピーな人です。 

このボックスキャニオンは、2日目の朝11時くらいから午後3時くらいまで釣りました。 

ちょっと話が前後してしまいましたが、1日目は夕方5時ごろラストチャンス着。 7時ごろまでは、ゆっくりとライズを探しつつ下流へ移動。 出会う人出会う人みんなが「ライズが無い」とか、「渋い」とかおっしゃいます。 確かにいいサイズの魚はまったくライズしていません。

小さい魚は時折ライズしています。 オヤジはそれを見てはしゃいでいます。

ふと下流に目をやると、でかいヤツ(人間ですが・・・笑)がいます。 一目でわかるその風体。 カナダの釣具屋に勤めているゲーリーです。 「7月10日頃からヘンリーズフォークに行くよ」、とメールをもらっていたので、居るだろうとは思っていたのですが、200mくらい離れたところからでも判ります。

DSCF4225.jpg

離れたところから「コーイッチャン!」て、私を呼んでます。 他にも10人以上の日本人がうろうろしてたのに、おまけに2年ぶりの再会なのに、よく私だと判ったなあと、うれしく思いました。

ゲーリー、見た目は若いのですが、私より年上の結構おっさんです。 とっても気のいいフレンドリーなおっさんです。 よその国で私を知ってくれてる人が居るって、幸せなことだなあと改めて思いました。

ゲーリーと分かれてからも、目を凝らして探してみたんですが、大きいサイズはほんとにまったくライズしてません。

DSCF4224.jpg

そこで、去年22インチが釣れたあの場所へ(kazさん、あそこです)・・・ すると、居た居た。 1匹でかいのがライズしました。 半端じゃない頭の大きさ。 確実に去年の魚よりもでかそう。 23?ん~、ひょっとしたら24inあるかも? もう1回ライズするのを待ってみるものの、30分位してからまたライズ・・・ってな具合・・・7時から9時までは計ったように30分に一回ペース。 どないせぇっちゅうねん。 いろいろ投げてみたんですが、タイミングが合いません。 9時過ぎて10分に3回くらいライズしたんですが、結局だめでした。 10時近くまで粘ったんですけどねぇ。

DSCF4226.jpg

で夜は、ゲーリー、ロブ、クライブのカナダ人3人組と再会を祝ってAバーに行きました。 満腹。

DSCF4229.jpg

2日目の昼間は、最初に書いたとおりジミーさんと3人でボックス・キャニオンをフロート。 で、その日の夕方、ドラマチックな展開が・・・

うっ、ねっ、眠い・・・ 

続きは明日にします
スポンサーサイト
  1. 2007/07/13(金) 11:13:59|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<HF 2日目 | ホーム | ジェット機現る>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/07/13(金) 16:31:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

見るからにヘンリーズフォークは暑そうですね。
ところで、カナダのゲーリー氏のシムスのウェーダーは身長からするとMでキング(私と一緒)だと思うのですが。彼の腹のピチピチ感がすごいですね。
彼には失礼ですが、どうやって履いたのか、歩いた時、屈んだ時の様子が想像できないですね。
私も気をつけようとあらためて思いました。
  1. 2007/07/13(金) 21:11:10 |
  2. URL |
  3. T #-
  4. [ 編集 ]

>Tさん
しぶいっす、HFは。 運がよければランチ~ボーンフィッシュFまでの区間でもいいサイズのライズをみつけられるかも?ッテな感じです。


  1. 2007/07/15(日) 22:42:04 |
  2. URL |
  3. kawkoi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/74-9f1b8f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。