Waters Blog~Fly Fishing

毛鉤釣り師の五月雨日記~Diary of a trout bum

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キャンプ@HF 後半

4日目はさすがに疲れてきて、だらだらと過ごしました。 ジミーさんもこの日はマディソンに行っていて来られません。

朝7時半頃、いつもの場所へと歩いていくと、すでに先客が。 うっ、は、早っ!

ちょっと近づいてみると、知り合いのボブおじさんでした。 すでに仕事はリタイヤしていて、ハリマン・ステイト・パーク内のヘンリーズフォークの解禁中は、キャンピングトレーラーに泊まって毎日釣りをしています。 釣り師が夢見る究極の生活ですね。 

息子さんと友達との3人で朝の6時半からライズ待ちしてたそうです。 2日目の私みたいです(笑)

昨日までの状況を話したり、なんやかんや話しているうちに、少しずつライズの間隔も狭まってきました。

とりあえず15~17inほどの魚が元気に飛び出してきました。 狙いはあくまで20inオーバーですが、サイズにかかわらず、釣れると嬉しいもんです。 

場所を譲ってくれたボブにお礼を言って、この日は昼寝をすることに。

ひとしきり寝た後、今度は下流の方を探って見ました。

午前中もカメラをテントに忘れ、午後は忘れないようにと思っていたのに忘れてしまって、この日の写真は無しです。 さすがに疲れてきたのかな?

一応この日も20inは釣れたんですが、サイトニンフだったのでちょっと反則? ニンフも好きなつり方ですが、せっかくライズしてたんだから水面でかけたかったなんて言っちゃうと、そりゃ贅沢だって怒られますかねェ。

5日目は前の晩もしっかり寝て、カメラもしっかり持って、準備万端。 一応この日をウッドロード最終日と決めていたので、おのずと気合も入ります。(はたから見れば空回り?)

ジミーさんとHさんも後からやって来ます。

20070728162531.jpg
フタオカゲロウ類のシャック。 たぶんグレイドレイクでしょうか?

朝の間はまったく釣れず、出てもすっぽ抜けのオンパレード。 “最後の最後でボウズかよ”ってな事もふと頭をよぎります。 

「まああせらずに、昼飯にでもしようや」って言うジミーさんの声で、早くもお昼になってることに気付きました。

飯を食ってる間も目の前では大型の魚が余裕のライズを繰り返しています。

ふとウェーダーに目をやって見るとハッチしかけて固まってしまったPMDのニンフが1匹。 おっとこりゃクリップルっちゅうやつやね。

実はクリップルパターンは2日目、3日目も使って、ことごとく無視されて、少々嫌気がさしてたんですが、もう一度きっちり流せば・・・

というわけで、昼からの釣りは迷わず(?)クリップルを使用。

これが大正解!。

20070728200603.jpg

今回の旅で最大の22in。 体長では先週のディーンの魚にはかないませんが、重さは匹敵するくらい肉付きが良く、すごいパワーでした。

成長がかなり早かったんでしょうか、頭が小さく胴が太い魚ですね。

今回は一人旅のはずが、いろんな人のおかげでいい写真が残りました。 皆さんありがとうございました。

夕方はコロラドから来ていたブレインさんと、地元のデイビッドさんとともに日が暮れるまでライズのつりを堪能しました。

夕方にも岸際でライズしていた2匹の魚をスペント・カディスでかけたんですが、1匹は切られて、もう1匹もバラシ。 でかすぎます。 イブニングには4Xが必要かも?

今日もまた夜遅くなってしまったので、最終日のお話と、使用フライなどはまた明日。(えらい引き伸ばすなぁ~)

スポンサーサイト
  1. 2007/07/29(日) 07:34:08|
  2. fly fishing Montana,ID,WY,UT
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<キャンプ@HF 終了 | ホーム | キャンプ@HF 3日目>>

コメント

今シーズンのHFの釣りはしんどそうですね。
雨の少ない夏は下流の芋農家の為に放水量の多くなるアイランドリザバーと、もともと浅いヘンリーズレイクのウインターキルがおきない様にこれからの雨量に期待したいですね。
ところで、ストマックポンプは使っていますか。
結果をちょっと見てみたいなー。
  1. 2007/07/30(月) 21:14:30 |
  2. URL |
  3. T #-
  4. [ 編集 ]

>Tさん、こんにちは

しんどいのは確かですが、ライズがほぼ1日中続いてるって言うのはすごいことだと思います。 個人的には楽しかったですよ。

アイランドパークリザバーは40%を切る貯水率で、なんか、四国の早明浦ダムを思い起こさせます。 ほんとに雨が降ってくれないと厳しいですね。

私はあまりストマックをとりません。 ただ、今回はDVDにも入れたいということで、15インチほどの魚を釣って、確認してみました。 結果は・・・
PMDのイマージャー、フローティングニンフがどっさり。 それと、ミッジラーバが多く入っていました。 この魚は、ダンはほとんど食べてませんでした。

私のカメラでは撮ってませんが、ジミーさんがビデオにとっています。 

暑い日が続いてます。 雨乞いが日課の今日この頃です。
  1. 2007/07/31(火) 01:03:54 |
  2. URL |
  3. kawkoi #-
  4. [ 編集 ]

しかし…

いい魚ですねぇ~。おめでとうございます。結果も素晴らしいですが、そこまでの過程もさすがですね。見習わなくては…。

やっぱりよく観察して、その結果、自信をもってTryするというのは大事ですね。(うっ、なんだか仕事にも通じそう…)
  1. 2007/07/31(火) 10:31:21 |
  2. URL |
  3. African Lance #1DWR5kqY
  4. [ 編集 ]

初めまして

初めまして。ジミーとアフリカン氏の知り合いで、ボイジー在住のyokoyam3です。よろしく。今年のウッドロード、ライズがすごそうですね。8月に一度行ってみたいと思っています。そのときもちゃんとライズしてればいいんですけどね~
  1. 2007/08/01(水) 03:30:44 |
  2. URL |
  3. yokoyam3 #-
  4. [ 編集 ]

>African Lanceさん、こんにちは。 
いやはや、やっとこさで釣った魚でした。 やり取りはかなりへっぴり腰でした。 しっかりジミーさんに撮られちゃいましたけど・・・嬉しかったです。 今回はAfrican Lanceさんをはじめ、ほんとにいろんな人にお世話になって、思い出深い旅となりました。 ありがとうございました。 今度は忍野でご一緒しましょうね。

>yokoyam3さん、はじめまして。 
私も8月中にもう一度行ってみたいと思っています。 もし日程が合うようでしたら、ご一緒させてください。 雨がもっと降って、ランチ内もライズしてくれるともっと面白いんですけど・・・でもたぶんウッドロードに直行すると思います(笑) 
今後ともよろしくお願いします。
  1. 2007/08/01(水) 03:32:09 |
  2. URL |
  3. kawkoi #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kwaters.blog92.fc2.com/tb.php/84-e92db533
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

kawkoi

Author:kawkoi
Fly Fishingと日々のあれやこれや

recent blogs

recent comments

calendar

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

archives

category

FC2カウンター


無料カウンター

Translation(自動翻訳)

English
中文(简体)
中文(繁體)
한국어
Française
Deutsch
Italiano
Española
Portuguesa
Produced by 株式会社バックボーン
Powed by ウィンドウズの玉手箱

黒ねこ時計

ブログ内検索

links

このブログをリンクに追加する

mail to kawkoi

name:
mail address:
title:
:

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。